戸塚区版 掲載号:2013年8月22日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚区民文化センター「さくらプラザ」の館長を務める 田中 啓介さん 戸塚区在住 46歳

心の衣装脱ぐオアシス

 ○…足かけ4年の準備を経て、いよいよ目前に迫った戸塚区民文化センター「さくらプラザ」の開館。かつて館長を務めた栄区民文化センターでは、コンサートや舞台などの自主事業に若手を多く起用してきたが、今回はベテランや世界を股にかけて活躍するアーティストにこだわる。「戸塚は歴史ある土地。本物を集めたい」。テーマはずばり、『重厚感』だ。

 ○…幾度か開催した内覧会の参加者の数からも、新たな文化・芸術拠点に対する関心の大きさが伺えるが、「芸術に興味のある人ばかりではない。施設を利用するのは、おそらく区民の1割程度」。大切なのは、残る大多数に対して何ができるか。「魅力的なアーティストが集まる施設が自分の住む町にあれば、利用者でなくとも誇らしい気持ちをもってもらえるはず」。もちろん集客により、周辺商店街の活性化など副次的な効果も期待される。担う役割は大きいが、「すべての人に満足してもらえてこそ、初めて公共施設としての役割を果たせると思う」。

 ○…父が演劇に関わる仕事をしていたことで、幼少から身近にあった芸術の世界。当然のごとく関心を抱き、土地家屋調査の会社に勤めていたころから趣味でアマチュア劇団の演出を担当していた。「頭のなかにあるものを形として表せるのが魅力」。公演を機に縁ができた劇場への転職を経て、たどり着いた現職。帰宅後もテレビで古典芸能を観賞し、若手アーティストの発掘にCDショップを駆けまわるなど新たな企画づくりに余念がない。だが、多忙な日々も「仕事の息抜きが仕事。毎日楽しい」。

 ○…芸術鑑賞の魅力のひとつは「自分の心と作品だけになれる時間と空間」。忙しない現代社会に生きる人の心に安らぎを与えられることこそ、この仕事の醍醐味だ。劇の演出で得た教訓は「作り手が本気なら、必ず相手に伝わる」。戸塚のオアシスづくりに、本気で打ち込む。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク