戸塚区版 掲載号:2014年6月26日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚図書館の館長を務める 渋谷 和生さん 泉区在住 55歳

戸塚色の図書館に

 ○…4月に戸塚図書館長に就任。図書館では市民に関心の高いテーマの講座や本の展示、子ども向けのおはなし会などを行っている。5月末には、より利用しやすい環境にするため、約16万冊ある蔵書の点検や整理なども実施。司書のような専門家ではないが、職員と共にさまざまな催しを企画し、地域との連携にも尽力する。利用者の顔が直接見える環境での仕事に、「第一線の緊張感とともに喜びを直に感じられる。充実感がある」と笑みを見せる。

 ○…図書館長としての勤務は2カ所目。5つの区役所、総務局、市民局、教育委員会などでの勤務を経て、現在の職に就いた。これまでのさまざまな経験を生かしたいと話す。今年度は、横浜市民の読書活動の推進に関する条例も施行された。区の特徴を生かした活動により力を入れ、世代別に合わせた企画や世代間交流につながる企画も地域とともに考えていきたいと意気込む。

 ○…読書が好きで、本はジャンルにこだわらず幅広く読むが、政治や文化など「社会の礎」でもある歴史の本が好きという。もう一つの趣味は釣り。仲間と船で相模湾や東京湾へ出て、季節の魚を狙うのが楽しみ。「やっぱり春はキス、夏はイサキ……」と釣りについて話す目は、より一層輝いて見える。釣った魚は自宅で家族がさばいてくれるという。「自分でやると台所を汚しちゃうので」と苦笑した。

 ○…書籍を含めた情報の電子化について、「便利だし、情報量が増えたのは良いこと」としながらも、「ページをめくり、自分で苦労して、興味のあることや疑問の答えを探し出す。そういうことで人の脳も鍛えられるのだと思う」と紙を介した読書の大切さを語る。夏休み期間には子ども向けに、調べ学習について楽しく学べる企画なども開催する。「市民の学習の手助けを」との思いで、利用しやすく戸塚の色を出した図書館づくりに注力する。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク