戸塚区版 掲載号:2015年11月26日号 エリアトップへ

「JA横浜川上支店・舞岡支店の農業まつり」運営委員長をつとめた 金子 政也さん 舞岡町在住 66歳

掲載号:2015年11月26日号

  • LINE
  • hatena

季節のように、マイペース

 ○…「売るおもちの用意やいろいろな手配、やることがいろいろあって忙しいね」と言いながら、表情はどこか楽しそう。普段はJA横浜川上支店の非常勤理事をつとめ、戸塚の中でも農業の盛んな舞岡で農園「かねこふぁ〜む」を営む。農業まつりには、JA横浜の前身、JA横浜南が開催していた祭りのころから関わってきた。「農業まつりは同じ時季に横浜の支店が一斉に行うお祭り。自分が参加するだけで精一杯だった」と今までを振り返りながら、「委員長・理事になると、他の支店と関わるようになった。横浜のあちこちで同じイベントをやっていると改めて感じられ、すごいことだなと思った」と話す。

 ○…農業まつりでは地元のシンガーソングライターと共同で制作したCDを披露するライブも企画した。このCDには、都市農業への思いを語るモノローグと、四季の歌などが入る。「何回も聴くうちに、都市農業の姿に気づいてもらえたら」とねらいを語った。「文化的なことに興味はあるけど、自分でやるのはどうも上手くいかなくて。そういうことが得意な人に発表の場など機会を作ってあげる方が性に合ってるんだよね」

 ○…自覚している性格は「偏屈でわがまま」と苦笑い。過去から今まで一貫して守っているのは孔子の人生論。18歳の時に自分の進む道を決めて、建築家に。28歳の時に独立し、38歳で父を亡くしたことから農園を継いだ。「(孔子の言葉で)五十にして天命を知るという。自分は建築家と農家としての立場を一体化させ、自分にしかできない仕事をしていこうと悟った」と当時を語る。

 ○…好きな言葉は「風」。風の持つ雰囲気と、風にまつわる言葉の両方が好きだという。「『風の便り』だったり、『風のように』と表現したり、変化を運んできてくれるイメージが好き」とのこと。四季の移り変わりを愛しながら、自分のやり方で、街中の農業という憩いの場を提供していく。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

保立(ほたて) 倖大(こうた)さん

8月に開催された空手全国大会「極真祭」12歳男子軽量級で準優勝した

保立(ほたて) 倖大(こうた)さん

東俣野町在住 大正中1年

9月19日号

小川 博康さん

書籍「妊娠・出産カレンダー」を上梓した、小川クリニックの院長を務める

小川 博康さん

舞岡町在勤 64歳

9月12日号

柴田 浩一さん

横濱ジャズプロムナードプロデューサーで、『ビッグバンド大事典』を出版する

柴田 浩一さん

西区出身 72歳

9月5日号

大木 敏幸さん

区総合庁舎3階地産地消直売コーナーの出店者会代表を務める

大木 敏幸さん

戸塚町在住 74歳

8月29日号

中野 サト子さん

介護予防活動を行う「東戸塚いきいきくらぶ」を立ち上げた

中野 サト子さん

品濃町在住 78歳

8月22日号

相澤 靖さん

40周年を迎えた柏尾サッカークラブの代表コーチを務める

相澤 靖さん

舞岡町在住 46歳

8月15日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第225回

    男のおしゃれ学

    「異国人から見た日本人」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月29日号

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

  • 男のおしゃれ学

    第223回

    男のおしゃれ学

    「女性と男性の見る目の違い」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月8日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク