戸塚区版 掲載号:2015年12月24日号 エリアトップへ

全国高校生童話大賞で銀の星賞を受賞した 原尾 勇貴さん 公文国際学園高等部3年 18歳

掲載号:2015年12月24日号

  • LINE
  • hatena

「幻想的世界」をつづる

 ○…全国高校生童話大賞の銀の星賞を受賞し「素直にうれしかった」と感想を話す。全国高校生童話大賞とは全国の高校生に童話という夢のある自由な表現の場と、豊かな創造力などを引き出す機会を提供したいとの考えから生まれたもの。「受賞したのは今回で3回目。高校1年生の時は金、2年生は銅、そして今回は銀。全ての賞を受賞したので嬉しい」と歯切れ良い。今回の作品は最初につくった作品と2回目の挑戦となった作品の、良いところを合わせてつくったもの。「特にところどころの言い回しや物語に出てくる構図などを意識して童話の雰囲気を織り交ぜてつくった」と胸の内を明かす。

 ○…作品のタイトルは『アイアン』。砂漠にある牧場にいる馬がさまざま情景のもと、物語が巡る話。「幻想的な世界をつづり、最後には自由、希望を見い出せるような物語に仕上がっている。これ以上言うとネタがばれてしまうんで」と無邪気に笑う。「新しい分野で何かをつくっていくわけではなく、過去の作品の積み重ねを別のものとして生かす」と自分なりのスタイルを淡々と語る。

 ○…「受験がすぐそこ。まずは勉強に集中」と言いつつも3日に1冊、継続的に本を読む。勉強以外には読書をすることや、小説を書くことが趣味。好きな言葉は、尊敬している部活の先輩が話していた「もっといいものは、いつもある」。今の自分に満足するのではなく、さらに上を目指す。そんな上昇志向に意味があると捉えている。

 ○…文章を考える上で大事なことは「本を読むこと。他には日常にあるものを引用し、それを物語に織り交ぜる」こと。「今後は推理小説を書いていきたい。そのためには情緒的な部分をより論理的に話を組み立て、最後には読み手がアッと驚くような形にしなくてはいけない」と考察する。「今後も精進していくので応援よろしくお願いします」と謙虚に話した。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

悦田 浩邦さん

戸塚区医師会の会長に就任した

悦田 浩邦さん

品濃町在住 59歳

7月18日号

我妻(あがつま) 貴志さん

戸塚区薬剤師会の会長に就任した

我妻(あがつま) 貴志さん

柏尾町在住 52歳

7月11日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月4日号

鈴木 俊吉さん

戸塚公会堂、戸塚地区センターの館長に就任した

鈴木 俊吉さん

茅ケ崎市在住 61歳

6月27日号

日達(ひたち) 俊雄さん

20周年を迎えた「戸塚区民吹奏楽団」の団長を務める

日達(ひたち) 俊雄さん

戸塚町在住 37歳

6月20日号

中元寺(ちゅうがんじ) 美雪さん

5周年を迎えた「健康ごはん塾」を主宰する

中元寺(ちゅうがんじ) 美雪さん

汲沢在住 47歳

6月13日号

生駒 順さん

創業100年を迎えた生駒植木(株)の代表取締役を務める

生駒 順さん

小雀町在住 51歳

6月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「絆」描いた芝居披露

劇団年輪

「絆」描いた芝居披露

8月4日 戸塚公会堂

8月4日~8月4日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク