戸塚区版 掲載号:2016年2月4日号 エリアトップへ

神奈川県エアロビック連盟の理事長を務める 関口 美惠子さん 戸塚町在住 63歳

掲載号:2016年2月4日号

  • LINE
  • hatena

「辛い時もみんなで笑う」

 ○…「さまざまな生徒がいるが、学ぶことが多い」と謙虚に話す。幅広い世代の健常者から知的障害、発達障害、視覚障害のある人にエアロビックを教える。障害者と相対するとき、多くの経験から今工夫しているのが「明瞭、簡潔、イエスオアノー」での伝え方。それは「健常者も同じ」と優しい表情。理事長として企画運営も行うため、「忙しくなると、どうしても約250人いる生徒を教える時間を削ることになるので心苦しい」と肩を落とす。

 ○…私立高木学園女子高等学校商業科を卒業後、野村証券株式社などに勤め、1980年にアメリカのサンディエゴでエアロビックを習い、「のめり込んだ」と振り返る。1997年には神奈川県エアロビック連盟の理事に就任し、障害者エアロビック指導を開始。2011年に神奈川県警察本部の交通安全教育研修基礎課程で高齢者の交通安全の体力の基礎を構築するためエアロビック講師を務め貢献。その功労が認められ、同本部から「警察庁長官賞授与につき感謝状」を授与される。

 ○…エアロビックの魅力を「激しい印象だが、誰でもできる。機能改善や、体力維持、転倒防止などにも効果的」とはきはきと語る。幼い頃は病弱で母親から「薬代のかかる子」とよく言われていたが、よくなるとバトミントンやドッジボールをする活発な子だった。好きな言葉は「みんなで笑う」。辛いのは当たり前と言い切り、「笑顔になることで、みなで楽しい気持ちを共有できる」。

 ○…結婚を機に戸塚に移り住んで、42年。当初は素朴だった街がどんどん都会になっていく変遷に、「便利になる反面、不自由な体になる」と危惧する。3月6日にはファンケルスマイル第17回全国アダプテッドエアロビック大会が開催される。「意気込み十分、2019年には第20回を迎える。東京五輪が開催される前年。盛り上げるべく日々邁進していく」

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

10周年を迎えた(一社)日本ヒューマンビートボックス協会の代表理事を務める

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

横浜市在住 34歳

12月19日号

山田 環さん

区内を中心に活動する「お絵描き工房 光」の代表を務める

山田 環さん

汲沢在住 56歳

12月12日号

中山 紀子さん

バドミントン選手として1972年のミュンヘン五輪金メダルなどで功績を残した

中山 紀子さん

汲沢町在住 76歳

12月5日号

掛川 隆さん

10月14日の「鉄道の日」に鉄道関係功労者として国土交通大臣表彰を受けた

掛川 隆さん

前田町在住 67歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク