戸塚区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

2月21日に第23回全国クラブラグビーフットボール大会決勝に臨む 荻野 岳志さん 下倉田町出身 23歳

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena

「志高く、上を見続ける」

 ○…「体をぶつけ合うハードなスポーツだけどそれだけに勝った時の喜びは大きい」とラグビーの魅力を熱く語る。全国でもその名を轟かせるクラブチーム「神奈川タマリバクラブ」でウィングとしてプレー。2月21日には埼玉県の熊谷スポーツ文化公園で全国のクラブチームの頂点を決める決勝に出場予定。意気込みを「絶対に勝ちたい。少しでもチャンスメイクをして、チームの勝利に貢献できれば」と肩に力を入れる。

 ○…戸塚で生まれ、横浜市立倉田小学校に入学。「目立ちたがり屋で学級委員などをつとめたりしていました」と恥ずかしそうに振り返る。その後、横浜市立豊田中学校を経て、神奈川県立柏陽高等学校に入学し、恩師と出会う。恩師の勧めで陸上からラグビーに転向。「いろいろなスポーツに体験入部したが一番感覚に合っていた」とにやり。その後、早稲田大学で活躍した。2年生から公式戦に出場するようになり、世界選手権日本代表としてU19、U20でもプレー。「出会った仲間たちは今でも付き合いがあり、大切な存在」

 ○…好きな言葉は「志高く」。常に現状に満足せずに「上を見続けていきたい」。商社マンとして貿易の仕事に携わる傍ら、週末はラガーマンとして芝生の上で奮闘する日々。ラグビー以外は仕事で使う英語の勉強や、最近始めたゴルフの練習に時間を割く。「ゴルフボールはなかなか思うように飛んでくれないですけどね」

 ○…大学2年時に早稲田の寮に入ったことで育った地から離れる。「地元に帰るとやっぱり、安心する。柏尾川も流れていて自然もありバランスのとれた街」と地元への思いについて語る。今後については「まずは目の前にあるクラブ日本一を目指す」とし、そのためにできることをやる決意だ。仕事では「語学力を身に付け自分の武器に。失敗を恐れずに謙虚に日々を過ごせれば」。的確に己の目標を見定め、眼光鋭く前へ前へ突き進む。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

中野 サト子さん

介護予防活動を行う「東戸塚いきいきくらぶ」を立ち上げた

中野 サト子さん

品濃町在住 78歳

8月22日号

相澤 靖さん

40周年を迎えた柏尾サッカークラブの代表コーチを務める

相澤 靖さん

舞岡町在住 46歳

8月15日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月8日号

鈴木 修平さん

全国消防救助技術大会に出場する、吉田消防出張所の特別救助隊監督の

鈴木 修平さん

吉田町勤務 33歳

8月1日号

内田 正男さん

戸塚区を拠点に活動する小学生のフラッグフットボールチーム「リトルセインツ」の監督を務める

内田 正男さん

藤沢市在住 69歳

7月25日号

悦田 浩邦さん

戸塚区医師会の会長に就任した

悦田 浩邦さん

品濃町在住 59歳

7月18日号

我妻(あがつま) 貴志さん

戸塚区薬剤師会の会長に就任した

我妻(あがつま) 貴志さん

柏尾町在住 52歳

7月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク