戸塚区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

東日本大震災の被災地支援を続けている「ウクレレサポート協会」の代表を務める 山本 千香さん 品濃町在住 46歳

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

ウクレレで被災地を元気に

 ○…ウクレレを通した被災地支援を行う「ウクレレサポート協会」の代表。全国の会員と協力して継続的に被災地に赴き、仮設住宅等で演奏会などを開催してきた。2月4日には津波被害のあった仙台市の荒浜地区で、国内各地のウクレレ奏者が出演するイベントを行う。これまで協会が「支援」を目的として開催するイベントが多かったが、今回は被災地の協会員がみずから声を挙げた。「結成から6年が経ち、これまでにない動きが生まれている」と感慨深げだ。

 ○…父の実家があった岩手県宮古市に震災後初めて訪れたのは2011年5月。幼少期遊びに行った家は津波で跡形もなくなり、震災の1年半前に亡くなった父の写真も流されていた。「2カ月間も現地へ赴かず、平然と過ごしていたことに激しい負い目を感じた」。以来ボランティアにまい進。物資の支援がひと段落つき、次に選んだのが昔から好きだったというウクレレだ。「親を亡くしたときなど、辛い時いつも寄り添ってくれた楽器だったので」。旧知のウクレレ奏者に声をかけ、活動を開始した。

 ○…少女時代から、男子に混ざってスポーツを行う活発なタイプ。同時に「自分でできることは自分でやる」という思いも昔から強かったという。「支援活動中もそうだった。でもそのせいで大きな失敗をしたんです」。15年夏、訪れた東北で大きな運転事故を起こしてしまう。すべて一人でやろうと不眠不休での活動中だった。大事には至らなかったが頸椎や腰を強く痛めた。「自主的に参加している仲間をまず信じ、頼ることの大切さを学びました」

 ○…様々な出会いのきっかけになったウクレレを「改めて学びなおしたい」という思いから、最近レッスンに通い始めた。また地元にも目を向けようと、4月には戸塚区でのイベント開催を計画中だ。「ウクレレを通してもっと輪を広げ、お世話になった方々に恩返ししたい」と力強く話した。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月20日号

東郷 なりささん

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した

東郷 なりささん

平戸町在住 32歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

佐々木 太一さん

全日本マスターズレスリング選手権大会フレッシュマンズ30〜45歳の部・100kg級で優勝した

佐々木 太一さん

秋葉中学校教諭 29歳

1月30日号

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク