戸塚区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

第55回NHK障害福祉賞で最優秀に選ばれた 小林 順子さん 小雀町在住 52歳

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

母の笑顔が子の幸せに

 ○…障害のある人と支える人の体験記録に贈られる「NHK障害福祉賞」で、484編の中から最優秀に選ばれた。『有難う』と題した800字の作品に、最重度知的障害を伴う自閉症の21歳の長男の療育経験や成長が、数々の転機となる出来事と共に母・女性としての目線で語られる。「まさか賞を頂けるなんて。何より自分の気持ちをまとめて書けたことが嬉しかった」。応募後、これまで世話になった特別支援学校の先生に報告し、喜び合ったという。

 ○…茅ケ崎市出身。小学生で始めた水泳やそろばんでは大会の選手になるほど活躍。培った明るい性格からか、仕事では様々なイベントのMCを10年以上続けてきた。結婚・出産後、異変を感じたのは息子が2歳を過ぎた頃。病院を巡り一年後に下った診断は「先天性の障害。一生しゃべれなない、一生オムツ」というもの。様々な療育を試し、長年かけてトイレでの排せつも出来るようになった。だが5年半前、自身が乳がんを患う。「闘病するうち幸せの基準がガラッと変わった。生きている事は当たり前ではなく有り難い事」。夫と母などの協力で闘病を乗り切り、息子は週5日生活介護事業所で就労するまでになった。

 ○…抗がん剤の影響で女性としての自信を失っていた中、気晴らしに何か運動をと見つけたのがフラダンス。鏡の前で華やかな衣装とメイクでしなやかに踊る姿を「息子がすごくいい表情で見ていた。私が笑顔でいることは息子にとっても嬉しいことなんだ」。現在は障害者支援者のためのフラを教えている。

 ○…5月に大正地区センターで学習会を開く。「自分自身を大事にすることで子育ても楽になるのでは。障害を持つ子のお母さんに何かヒントを伝えられたら」

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

港北区在住 21歳

5月7日号

岸 信行さん

4月1日付で戸塚消防署長に就任した

岸 信行さん

泉区在住 57歳

4月29日号

伊藤 博之さん

3月22日付で戸塚警察署長に就任した

伊藤 博之さん

矢部町在住 58歳

4月22日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月15日号

B. Nazki(びー なつき)さん

第4回とつかソングコンテストのグランプリに輝いたシンガーソングライター

B. Nazki(びー なつき)さん

東京都在住32歳

4月8日号

小林 順子さん

第55回NHK障害福祉賞で最優秀に選ばれた

小林 順子さん

小雀町在住 52歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter