戸塚区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

3月22日付で戸塚警察署長に就任した 伊藤 博之さん 矢部町在住 58歳

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

「育てられた町に恩返しを」

 ○…「育てられた町に恩返ししたい」と初の署長職に意気込む。19歳で警察官として初めて配属されたのも、戸塚警察署。「駆け出しの警官としてこの町で、がむしゃらにたくさんのことを学んだ」と懐かしむ。「安全・安心な町にするためには、署員それぞれが持つ能力を最大限に発揮する必要がある」と話し、トップとして部下が萎縮せず気持ちよく働ける環境づくりにまい進する。

 ○…警察官を志したのは、高校生のころ。学校を訪れた県警の採用担当者の話を聞き、「人を助ける仕事」に自然と意欲が湧いた。2年間、戸塚警察署で交番勤務をした後は川崎警察署へ。同時に関東管区機動隊として、首都圏近郊の治安維持に貢献。御巣鷹山日航機事故や東京サミットへの派遣など激動の日々を送った。これまで関わった業務の大半が市民の生活を守る役割で、本部では防犯カメラの設置や”青パト”の登録促進に携わった。「地道に目標を達成し、犯罪抑止の効果につながったときはうれしい」

 ○…「なんでもやってみたくなる性格」と話し、若い頃にはスキーや

スキューバダイビングを楽しんでいたとか。50歳になって始めた富士登山も年に1、2度楽しんでいる。署長に就任した現在は、官舎で人生初の1人暮らし。「家族のありがたみが身に染みます」。休みの日や仕事終わりには、体力増進のため区内を毎回違うコースで散歩。「駅前は40年前と比べずいぶん変わって驚いた」とほほえむ。

 ○…区内の特殊詐欺の多さを危惧し、特に今年に入って急増する還付金詐欺の被害防止は急務となる。「犯罪抑止も交通事故防止も、区民の方の協力なしでは成し遂げられない」と力を込め、「よろしくお願いします」と協力を求める。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook