戸塚区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける 大森 洋太郎さん 矢部町在住 78歳

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena

絵筆を離さず、生きがいに

 ○…さくらプラザで毎年行われている春の芸術祭での絵画出展の常連。1・8mと大型の切り絵や水墨画風の水彩画、横浜や新橋、渋谷などの風景ペン画のほか総理大臣を描くといった風刺画など、多彩な世界観が持ち味だ。幼少期から絵を描きだし、サラリーマン時代、定年退職を経て、その創作への情熱は増すばかり。「絵を描くことは生きがい。体が動くまでやるよ」とほがらかだ。

 ○…東大寺や鹿で親しまれる奈良公園そばで生まれ育ち、「友達に褒められたのもあって」と小学生のころからよく公園で絵を描いて過ごしていた。長じて百貨店の商社部門に就職すると絵から遠ざかったが、その情熱は残り続け、仕事が落ち着いた40歳頃に再び絵筆を握るように。商品買付で中国などへの海外出張も多く、空き時間に現地の風景をよくスケッチしていたという。絵はすべて自己流だが、腕前を買われて会社員時代には顧客だった食品販売店の看板を描いたことも。切り絵では毎日新聞社主催のコンクールで特別賞を受賞。横浜山手西洋館でも毎年個展を開いていたほどで描いた作品数は「覚えてないくらい」だ。

 ○…45歳のときに家族4人で関西から都内に転居。10年の社宅生活を経て選んだ住屋が戸塚区だった。定年後はボランティアにも精を出し、月に2回はまさかりが淵市民の森で美化活動に取り組む。カラオケも趣味。週1で通い、「小田純平さんが好き。絵と同じように活力の源」と笑う。

 ○…コロナ前までは毎年個展を開いていたが、この2年ほどその機会はなく、自家用車を廃車したこともあって「作品も運べないしなぁ」と残念顔。それでも「朝起きたとき絵を描こうと思う。一筆入れると意欲も湧く。それが面白い」と衰えを感じさせなかった。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

矢島 昭彦さん

横浜市幼稚園協会戸塚支部の支部長に就任した

矢島 昭彦さん

栄区在住 61歳

6月23日号

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

3年ぶりに市内で環境チャリティ・コンサートを開く戸塚ゆかりのソプラノ歌手

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

都内在住

6月16日号

白瀬 綾乃さん

この春から戸塚町と吉田町で年齢上限のない全障害者向けの造形教室を開講している

白瀬 綾乃さん

矢部町在住 44歳

6月9日号

山本 将央(まさなか)さん

3年ぶりの「とつか武道フェスティバル」を主催する協議会の会長を務める

山本 将央(まさなか)さん

汲沢在住 51歳

6月2日号

菊池 賢児さん

5月に戸塚区連合町内会自治会連絡会の会長に就任した

菊池 賢児さん

汲沢在住 73歳

5月26日号

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook