南区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

減災事業の予算増額求める 市政報告 防災計画目標の前倒しを 日本共産党横浜市会議員団 あらき 由美子

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena

 いつ起きるかわからない大地震に対し、市は地震防災戦略を策定しています。2013年度から10年間で、減災効果の高い対策を重点的に推進し、死者数は50%、避難者数は40%、建物被害棟数(全壊・焼失)は、50%と、当初被害想定より減少させることを目標にしています。

被害を最小限に

 新年度予算では、まちの不燃化推進事業で約14億円、延焼遮断帯の形成で約4億円、がけ地対策費で12億円、狭隘道路拡幅整備事業で約10億円が計上されています。この予算で掲げた減災目標に対しどこまで到達することになるのか、また、2022年の目標達成を前倒しし、死者数をゼロに近付けるために予算を拡充するべきと2月24日の市会定例会予算関連質疑の中で林市長に質問しました。

市長「優先度高く」

 林市長は2017年度の減災目標の進捗については、「単年度ごとに減災目標の進捗を明記するのは困難だが、全庁一体となって推進をしており、各事業については、毎年市全体で進捗状況を確認し、策定から3年経過した昨年度の事業進捗は、約85%で概ね順調に推移している」。減災目標達成の前倒しについては「市全体の予算調整の中で、できる限り優先度を高め、必要な予算を計上している。引き続き目標達成に向けて各事業を着実に推進していく」と答えました。

日本共産党横浜市会議員団 あらき 由美子

横浜市南区通町1-12-4-104

TEL:045-714-1820

http://www.araki-yumiko.jp/

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の意見広告・議会報告最新6

「ともに生きる社会」実現へ

津久井やまゆり園事件から3年 県政報告

「ともに生きる社会」実現へ

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

7月25日号

解消へ県も対策強化

ヘイトスピーチを許さない 県政報告

解消へ県も対策強化

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

6月27日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月27日号

子どもたちの安全確保を

学校防犯マニュアル見直しを要望 ニッタオンライン市政報告47

子どもたちの安全確保を

横浜市会議員 仁田まさとし

6月20日号

児童生徒が安心できる環境を

日本語支援拠点を視察 市政報告

児童生徒が安心できる環境を

日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

6月13日号

人的・風評被害ゼロへ

箱根山、警戒レベル引き上げ 県政報告

人的・風評被害ゼロへ

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

5月30日号

県検討委員会の報告出る

共生社会の実現に向け 県政報告

県検討委員会の報告出る

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

4月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    8月19日19:18更新

  • あっとほーむデスク

    8月16日13:03更新

  • あっとほーむデスク

    8月13日12:54更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「きょうだい児」への理解を

「きょうだい児」への理解を

難病支援のNPO法人 9月に研修会

9月14日~9月14日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 美空ひばり【1】

    〈連載〉さすらいヨコハマ39

    美空ひばり【1】

    大衆文化評論家 指田 文夫

    8月8日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月19日号

お問い合わせ

外部リンク