南区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

減災事業の予算増額求める 市政報告 防災計画目標の前倒しを 日本共産党横浜市会議員団 あらき 由美子

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena

 いつ起きるかわからない大地震に対し、市は地震防災戦略を策定しています。2013年度から10年間で、減災効果の高い対策を重点的に推進し、死者数は50%、避難者数は40%、建物被害棟数(全壊・焼失)は、50%と、当初被害想定より減少させることを目標にしています。

被害を最小限に

 新年度予算では、まちの不燃化推進事業で約14億円、延焼遮断帯の形成で約4億円、がけ地対策費で12億円、狭隘道路拡幅整備事業で約10億円が計上されています。この予算で掲げた減災目標に対しどこまで到達することになるのか、また、2022年の目標達成を前倒しし、死者数をゼロに近付けるために予算を拡充するべきと2月24日の市会定例会予算関連質疑の中で林市長に質問しました。

市長「優先度高く」

 林市長は2017年度の減災目標の進捗については、「単年度ごとに減災目標の進捗を明記するのは困難だが、全庁一体となって推進をしており、各事業については、毎年市全体で進捗状況を確認し、策定から3年経過した昨年度の事業進捗は、約85%で概ね順調に推移している」。減災目標達成の前倒しについては「市全体の予算調整の中で、できる限り優先度を高め、必要な予算を計上している。引き続き目標達成に向けて各事業を着実に推進していく」と答えました。

日本共産党横浜市会議員団 あらき 由美子

横浜市南区通町1-12-4-104

TEL:045-714-1820

http://www.araki-yumiko.jp/

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版の意見広告・議会報告最新6

令和2年 引き続き市政改革を

市政報告

令和2年 引き続き市政改革を

市会議員 ゆさ 大輔

1月9日号

日本の未来を切り拓く新しい国創り

新春寄稿

日本の未来を切り拓く新しい国創り

内閣官房長官 衆議院議員 すが義偉

1月1日号

米軍住宅跡地に地元の声を

県政報告【11】

米軍住宅跡地に地元の声を

自民党 県議会議員 新堀 史明

1月1日号

早急に台風被災者支援を早急に台風被災者支援を

県議会補正予算県議会補正予算 県政報告

早急に台風被災者支援を早急に台風被災者支援を

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

12月19日号

パートナーシップ制度導入へ

性的少数者を支援 ニッタオンライン市政報告48

パートナーシップ制度導入へ

横浜市会議員 仁田まさとし

10月31日号

風水害への備え見直しを

住民の安心安全が第一 県政報告

風水害への備え見直しを

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

10月31日号

台風被害から命を守るために

南区内でも崖崩れ 市政報告

台風被害から命を守るために

日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月17日21:45更新

  • 1月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

五輪スポーツを体験

五輪スポーツを体験

2月11日、大岡でフェスタ

2月11日~2月11日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク