南区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告 緊急輸送路沿道建築物の耐震化 立憲民主党 横浜市会議員 いとう 純一

 1月31日から3月23日まで、市会第1回定例会が開かれ、2018年度市予算は、原案通り一般会計、特別会計、公営企業会計を合わせた総額3兆5911億円で可決されました。この中で設置された予算特別委員会で建築局審査について質問・要望を行いました。

 近い将来に起こり得る震災に備え、緊急輸送路の通行確保に資する取り組みを進めていくことは大変重要です。市は、13年の耐震改修促進法の改正を受け、災害時に特に重要な幹線道路沿いにある旧耐震基準の建築物に対して、耐震診断を義務付けました。その結果、対象建築物489棟のうち約8割は耐震性が不足している現状です。所有者も危険性は認識しているものの、資金や高齢化等の問題もあり、すぐに改善するには至りません。そこで市は、17年6月に建築士等の専門家が無料で耐震化に向けて支援する耐震トータルサポート事業を開始。具体的には、耐震化の計画案の作成、資金計画の組立、法律相談等を行います。

 しかし、利用率が1割に満たなく、緊急輸送路沿いの耐震化促進には長期的サポートが必要です。予算を有効活用し、セミナーや訪問など積極的に働きかけを行うよう要望しました。

立憲民主党 横浜市会議員 いとう純一

横浜市南区榎町2-51

TEL:045-315-3115

http://itou-junichi.jp/

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

南区版の意見広告・議会報告最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

蒔田で体験・学習講座

蒔田で体験・学習講座

「街の先生」28日に

7月28日~7月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク