南区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • hatena

市政報告 IR「地方自治の本旨」で検討 立憲民主党 横浜市会議員 いとう 純一

 9月11日から10月26日まで市会第3回定例会が開かれました。この中で設置された決算特別委員会の政策局審査で会派を代表して質問・要望を行いました。特にIR(統合型リゾート)に関して、市の考え方を質しました。

 憲法92条に「地方自治の本旨」という考え方があります。地方自治の本旨とは、住民自治と団体自治の二つの要素(【1】住民自治とは、地方自治が住民の意思に基づいて行われるという民主主義的要素、【2】団体自治とは、地方自治が国から独立した団体に委ねられ、団体自らの意思と責任の下でなされるという地方分権的要素)で成り立っており、地方自治の基本中の基本です。この両面から考えても、カジノ導入は多くの市民が反対している状況を踏まえるべきで、国の言いなりになる必要はないということです。

 また、10月29日に吉野町プラザで行われた「IR(カジノ問題)を考える夕べ」にパネラーとして参加し、市の動向等を報告しました。その他、国会議員から「法の問題点」、弁護士から「多重債務」、依存症回復センター支援員から「ギャンブル依存症」の報告がありました。最後は「横浜にカジノは要らない」とするアピールを参加者全体で採択しました。

立憲民主党 横浜市会議員 いとう純一

横浜市南区榎町2-51

TEL:045-315-3115

http://itou-junichi.jp/

南区版の意見広告・議会報告最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    4月21日20:48更新

  • 4月18日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月13日14:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高齢者の外出考える

高齢者の外出考える

六ツ川で第2回

6月8日~6月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク