南区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

新年度横浜市予算案 市政報告 市民の声が市政を動かす 日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
林市長に要望書を提出(昨年9月)
林市長に要望書を提出(昨年9月)

 林文子市長は1月25日、2019年度市予算案を発表しました。一般会計は1兆7615億円で前年度比2%増のプラス予算です。日本共産党横浜市会議員団は、予算編成に反映することを願って、昨年9月11日、林市長に対し594項目の予算要望書を提出。私が市長に訴えたのは、市民のくらし応援、防災重視を優先することでした。

 示された予算案で市民要望の実現・前進したものと問題点を2回にわたって紹介します。

中小企業支援・市内経済活性化

 小規模事業者の支援策を強化。市制度融資として小規模事業者向け融資枠に230億円など。

平和事業関連

 昨年6月に市会全会一致で成立した国際平和推進条例を受けて、関連予算が1・5倍に。

再生可能エネルギー促進

 共産党が条例提案をして推進を促す再生可能エネルギー活用について計画を策定。

介護・高齢者

 介護人材の確保のための予算を2・4倍に増やし、研修の拡大と住居家賃補助を実施。特別養護老人ホームの着工数は18年度の280床から449床に増加。敬老パスはバス等事業者への市負担金を5・4億円増やし、現行の制度を継続。

地域交通の充実

 地域住民主体でミニバス等を運行する地域交通サポート事業は、車両代への直接補助を新設。

(子育て支援、防災など、2月21日号に続く)

日本共産党横浜市会議員団 あらき 由美子

横浜市南区通町1-12-4-104

TEL:045-714-1820

http://www.araki-yumiko.jp/

南区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍乗り越え、地域経済活性化目指す

県政報告

コロナ禍乗り越え、地域経済活性化目指す

自民党 県議会議員 新堀 史明

1月1日号

横浜の未来 明るく議論

市政報告

横浜の未来 明るく議論

横浜市会議員 渋谷 たけし

1月1日号

横浜のため 議論と発信を

市政報告

横浜のため 議論と発信を

市会議員 ゆさ 大輔

1月1日号

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

新春寄稿

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

衆議院議員 菅 義偉

1月1日号

出産・子育て環境の充実へ

長年の取り組みが次々結実 ニッタオンライン市政報告60

出産・子育て環境の充実へ

横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

1月1日号

「誰一人取り残さない」社会へ

困窮者対策推進本部を設置 県政報告

「誰一人取り残さない」社会へ

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

12月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日16:06更新

  • 1月20日16:15更新

  • 1月20日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で気分爽快

永田地区センター

写経で気分爽快

講座の参加者募集

2月9日~2月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook