南区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

市予算案に対し、代表質問で提案 市政報告 大事な税金は福祉・暮らしに 日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 2月19日の市会本会議で、林市長が提案した2019年度予算案について、私、あらき由美子が代表質問をしました。

 市長は人口減少のもとでの成長戦略に取り組むとして、企業誘致を盛んに強調し、国の方針そのままに、みなとみらい21地区のホテル建設や横浜駅西口の再開発事業に多額の補助金を投入しています。

 私、あらきは、そのために福祉や医療など市民の暮らしに関わる予算が不足し、特に学校などの公共施設の防災・老朽化対策に必要な予算がついていないと指摘。これは新市庁舎や高速道路などの完成を2020年に間に合わせるとしたために、関連事業費が膨らんだことが原因だし、「アベノミクス追随」をやめるよう求めました。

イベントより市民の命を守れ

 また、花博、五輪・パラリンピック、新市庁舎、ラグビーワールドカップの4つの事業に市職員を70人も増員する一方で、大阪北部地震で問題になった倒壊の恐れがあるブロック塀対策や、市内に1364カ所の命の危険がある崖地対策を担当する職員は、新年度予算で1人も増員していないと指摘。危険な崖の今年度の対策申請は21件という現状から見て、このままではいつまで経っても対策が終わらないことは明らかであり、申請件数を増やすために現場に行く職員を増やすことが必要だと求めました。

カジノより中学校給食

 私が街頭で行っているシール投票でもカジノ誘致反対が9割を超えている市民の声を受け止め、カジノは「白紙ではなく断念」し、「中学校給食実施の決断を」と迫りました。林市長はカジノについて「市にとって一番良い方法は何かを考えていく」と、これまで同様に検討を続けるとし、中学校給食についても「栄養バランスの取れたハマ弁は素晴らしいもの」と、喫食率が目標の2割に大きく及ばないハマ弁を続けるとしています。

 私、あらきは今後の予算案審議の中で、大事な市民の税金こそ福祉・暮らしに使うべきだと提案していきます。

日本共産党横浜市会議員 あらき 由美子

横浜市南区通町1-12-4-104

TEL:045-714-1820

http://www.araki-yumiko.jp/

南区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍乗り越え、地域経済活性化目指す

県政報告

コロナ禍乗り越え、地域経済活性化目指す

自民党 県議会議員 新堀 史明

1月1日号

横浜の未来 明るく議論

市政報告

横浜の未来 明るく議論

横浜市会議員 渋谷 たけし

1月1日号

横浜のため 議論と発信を

市政報告

横浜のため 議論と発信を

市会議員 ゆさ 大輔

1月1日号

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

新春寄稿

新型コロナ対策に全力改革を前に進める

衆議院議員 菅 義偉

1月1日号

出産・子育て環境の充実へ

長年の取り組みが次々結実 ニッタオンライン市政報告60

出産・子育て環境の充実へ

横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

1月1日号

「誰一人取り残さない」社会へ

困窮者対策推進本部を設置 県政報告

「誰一人取り残さない」社会へ

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

12月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月16日22:54更新

  • 1月13日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で気分爽快

永田地区センター

写経で気分爽快

講座の参加者募集

2月9日~2月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook