南区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

津久井やまゆり園事件から3年 県政報告 「ともに生きる社会」実現へ 立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena

 7月26日で相模原市の「津久井やまゆり園」で、19名の尊い命が奪われ、27名が負傷するという痛ましい事件から3年が経ちます。

事件を風化させず

 県と県議会は偏見や差別を排除し、誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現することをめざし、「ともに生きる社会かながわ憲章」を制定しました。毎年7月26日を含む1週間を「ともに生きる社会かながわ推進週間」とし、事件を風化させない取り組みを進めています。

 県議会第2回定例会でも6月補正予算において、鎌倉海岸を誰もがマリンスポーツに親しむことができる「バリアフリービーチ」とするためのスロープの設置や車いすで砂浜から海まで移動できるビーチ用マットの購入をはじめ、障がい児者の地域生活を支えるため、医療的ケアを必要とする児童の通学支援や重度障害者の受入をめざすグループホームへの支援事業、地域の相談支援体制の強化を議決したところです。

 県が進めるマグネット・カルチャー(マグカル)の取組でも、年齢や障がいなどにかかわらず、全ての人が舞台芸術に参加し、楽しめる「共生共創事業」を始めています。高齢者による劇団・ダンス集団や、ダンスによる身体表現活動に取り組むほか、演劇や人形劇、音楽、舞踊など、様々なジャンルにおいて、障がい者による公演を7月から来年3月まで実施します。

 今後も誰もが安心して暮らせる共生社会をめざして「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念を具現化する取り組みを進めていきます。

神奈川県議会議員 立憲民主党・民権クラブ 岸部都

横浜市南区通町2-25-3 千々輪ビル1階

TEL:045-341-3385

http://kishibe-miyako.com/

南区版の意見広告・議会報告最新6

子どもたちに活躍の場を

ビデオ対談

子どもたちに活躍の場を

横浜市会議員 ゆさ 大輔

6月4日号

県の協力金 第2弾を即決

事業者救済の一手に 県政報告

県の協力金 第2弾を即決

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

5月28日号

生活支えるごみ収集員

ビデオ対談

生活支えるごみ収集員

横浜市会議員 ゆさ 大輔

5月21日号

商店街の今と未来を支援 その2

ビデオ対談

商店街の今と未来を支援 その2

横浜市会議員 ゆさ 大輔

5月14日号

商店街の今と未来を支援

ビデオ対談

商店街の今と未来を支援

横浜市会議員 ゆさ 大輔

4月30日号

コロナ対策の強化拡充

緊急に臨時県議会開催 県政報告

コロナ対策の強化拡充

立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月6日20:33更新

  • あっとほーむデスク

    6月5日14:48更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日15:15更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月6日号

お問い合わせ

外部リンク