保土ケ谷区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

”やりとげる男”上田いさむは こう考える【7】 意見広告 「軽減税率」実現で、国民の暮らしを守る

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 安倍首相は先日、来年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを2017年4月に延期することを表明し、この判断について国民の信を問うとして、衆院を解散しました。

自公政権で経済は回復基調に

 消費税率10%への引き上げを延期するのは、経済政策「アベノミクス」の失敗ではなく、失敗させないために行うものです。

 7〜9月期の国内総生産(GDP)が事前の予想より落ち込んだため、景気後退を心配する声が上がっていますが、アベノミクス効果で景気の回復軌道は続いています。

 そもそも民主党政権時代は「経済無策の3年間」でした。しかし、自民、公明両党が政権を担い、経済最優先で課題に取り組むなか、低迷していた株価は上昇。有効求人倍率は22年ぶりに高水準を維持し、賃上げへ踏み切る企業も増えてきました。こうした好循環を中小企業や地方経済に波及させるまでの間、消費増税を延期することにしたのです。

家計に優しい軽減税率を導入へ

 私も早い時期から、党内において「消費増税の延期」を訴えてきました。社会保障など、将来のことを考えれば、増税は避けられません。

 しかし増税を実施するならば、国民の生活を最大限に守る施策を同時に実施しなければなりません。その対策が「軽減税率」だと考えます。

ヨーロッパで広く定着

 軽減税率とは、食料品など生活必需品の消費税率を低く抑えるものです。日本の経済を豊かにしていくためには、企業だけでなく、国民一人一人の家計も、しっかりと支えていく必要があります。マスコミ各社の世論調査でも、軽減税率の導入に「賛成」と答えた人は8割近くに上っています。また、ヨーロッパなどでは、すでに生活に根付いた制度として、広く定着しています。

与党合意を引き出す実行力

 6期21年の議員生活のなかで、私は財務副大臣、衆院経済産業委員長などを務め、財政・経済の分野で多くの実績と経験を積んできました。また、公明党軽減税率制度調査委員長として、「軽減税率」の導入を強力に推進。消費税10%への引き上げ時に軽減税率を導入することを、与党内で合意させました。

 課題山積の日本において、日本経済の再生は始まったばかりです。成長戦略の着実な実施で景気の好循環を作り出し、力強い個人消費の回復を図っていく必要があります。そのためにも軽減税率の実施が必要なのです。これまで培ってきた「経験」「実績」「人とのつながり」という総合力を生かして国民の生活を守り、経済の再生を必ずやりとげていきます。

活動や政策は、ホームページもご参照ください

http://www.isamu-u.com

上田いさむ事務所

横浜市旭区二俣川1-9

TEL:045-366-3528
FAX:045-366-3880

http://www.isamu-u.com/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の意見広告・議会報告最新6

対談 市民の声を聞く政治

意見広告

対談 市民の声を聞く政治

前防災担当大臣 おこのぎ八郎・衆議院議員 すが義偉

7月29日号

IRは本当にいけないの?

意見広告

IRは本当にいけないの?

横浜型IRの実現をめざす市民の会

7月29日号

市民に向き合う市政の実現を

市政報告

市民に向き合う市政の実現を

日本共産党 横浜市会議員 北谷(きたたに)まり

7月29日号

皆さんの声を聞き 共感できる政治に!

県政報告

皆さんの声を聞き 共感できる政治に!

もちづき聖子

7月22日号

IR誘致で子育て万全に

横浜をチャレンジ溢れる都市に

IR誘致で子育て万全に

元IT担当副大臣 福田 峰之

7月15日号

豪雨災害に備える

豪雨災害に備える

自民党衆議院神奈川6区支部長 古川なおき

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter