保土ケ谷区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

県政報告 人に寄り添う政治に! もちづき聖子

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 2度目の緊急事態宣言が延長となり、県民の皆さんの心は不安でいっぱいの日々を過ごされていることと思います。これまでの頑張りを労われることもなく、いつになったらこの閉塞感から解放され光が見えてくるのか?まずは、このコロナ禍にあってより多くの国民が納得のいく支援策を策定し、実施する事だと思います。

【相談体制の充実】

 最近自殺者の増加も社会問題となっています。ある若者から「自分は、今までは明るく、誰とでも楽しくやれる性格だと思っていたのに、コロナは怖い。性格が変わってしまったのかなと思うぐらいにネガティブになっている自分がいます」と言われました。周りに相談したくても言葉をのみこんでしまう。自分自身で抱え込んでしまうのかもしれない。

人々が生活していく中で、誰もが様々な問題に直面しますが、一人で悩んでいても前に進めない時があります。そんな時のために特に充実させなければならないことは相談体制です。相談窓口があったとしても対応が親切で安心できるものでなければ勇気を出して相談に行っても意味がありません。すぐには解決できず、複雑に絡み合う問題でも話したことで解決の糸口が見つかったり、前向きになれることもあるはずです。しっかりと相談を受け止めた時には連携プレーで対処できる柔軟性が必要です。この相談体制の充実を実現していきます。

【本会議にて一般質問(2月24日)】

 令和3年第1回定例会の中、本会議にて知事(各部局長)に対して約1時間一般質問をしました。内容は【1】県立障がい者施設における支援人材の育成【2】コロナ禍における新しい生活様式による文化芸術の取組【3】看護師の定着に向けた支援【4】DVの未然防止対策【5】コロナ禍における外国籍県民支援【6】東日本大震災の被災地派遣の取組【7】公立小・中学校における「いのちの授業」の更なる充実 以上7項目について質疑し知事、教育長、各局長に答弁を頂きました。

 当初予算編成は全庁コロナシフトで、緩めても削ってもいけないものは見落とすことなく予算計上し実行されるよう今まさに審査をしているところです。その他、身近なところで起きている課題に対しても目を反らすことなく向き合うために、厚生常任委員会、子ども・子育て・高齢社会対策委員会でも審議を進めています。

 老若男女、障がいの有無、貧富の差を問わず世界中に脅威をもたらしているこのコロナ禍にあって、人々が互いに助け合えるようにと願います。今後もお気軽に、ご意見をお寄せください。

神奈川県議会議員もちづき聖子

横浜市保土ケ谷区岩間町1-9-1UKビル201

TEL:0454595927

https://mochizuki-seiko.com

<PR>

保土ケ谷区版の意見広告・議会報告最新6

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

保土ケ谷を もっと暮らしやすいまちに!

皆さまの声がカタチに! 市政報告 54

保土ケ谷を もっと暮らしやすいまちに!

横浜市会議員 斉藤伸一

3月25日号

人に寄り添う政治に!

県政報告

人に寄り添う政治に!

もちづき聖子

3月18日号

人に寄り添う政治に!

県政報告

人に寄り添う政治に!

もちづき聖子

2月11日号

公約・要望・陳情事項を着実に実現!

保土ケ谷区の発展に向け 市政報告【4】

公約・要望・陳情事項を着実に実現!

横浜市会議員 森ひろたか

1月7日号

カジノ住民投票署名の法定数3倍超えの重みを受け止めよ

市政報告

カジノ住民投票署名の法定数3倍超えの重みを受け止めよ

日本共産党 横浜市会議員 北谷(きたたに)まり

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter