保土ケ谷区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

vol.466 ミルキーJr.モカのほどがや 「五月」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 ボクはミルキーJrモカ。瀬戸ヶ谷町に住むミニチュアシュナウザー。

 若葉が芽吹いて清々しいと感じる「五月」。旧暦では今の梅雨の時期だったそう。それで、梅雨の晴れ間を「五月晴れ」と表現したの。他にも、旧暦の梅雨を感じさせる「五月」とつく表現があるよ。

▼五月蠅い(うるさい)

 旧暦の梅雨といえば、ハエがだんだんうるさくなってくる頃だったのでこのように文字をあてたそうだ。

▼五月雨(さみだれ)

 旧暦五月に降る長雨のこと。松尾芭蕉が1689年5月28日に山形県大石田に到着し、滞在期間中に詠んだとされる「五月雨を集めて早し最上川」の句。「奥の細道」で知られているね。大石田では「五月雨を集めて涼し最上川」のほうが知られているとのこと。句会での発句は「涼し」だったそうだ。後日となる6月3日、日本三大急流の最上川で川下りを体験して「早し」と推敲したとの説があるの。いずれにしても、旧暦の梅雨時の暑さを、最上川の水の流れでしばし「涼しい」と感じたことは想像できるね。

▼五月躑躅(さつきつつじ)

 一般的な「サツキ」は五月躑躅の略。旧暦の五月に花を咲かせるツツジのこと。園芸品種は千種類以上もあり、花はピンク、白、紫、黄色みがかった淡い紅色他、形は小ぶりから大輪まで。軽くフリルが入ったようなものもあるの。1株に違う花色が咲き分けたり、多種多様な品種が楽しめる。

 ゴールデンウィーク明けに聞く「五月病」。ストレスが原因の病は犬族のボクたちにもあるの。

次回「五月病」

今日の誕生花・花言葉

ハナショウブ:情熱

保土ケ谷区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【16】

横浜とシュウマイと私

「『辛子』の奥深き世界」

6月23日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.469

ミルキーJr.モカのほどがや

「ペット同校避難【2】」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

6月16日号

歯と口の健康週間

あなたの街の歯医者さんが教えます―

歯と口の健康週間

6月9日号

法話箋 〜鹿苑〜

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載14

法話箋 〜鹿苑〜

「三界は火宅の如し」

6月9日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.468

ミルキーJr.モカのほどがや

「ペット同行避難」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

6月2日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【15】

横浜とシュウマイと私

「なぜ『醤油+辛子』なのか」

5月19日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook