鶴見区版 掲載号:2011年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

統 一地方選 民主党が全議席失う 自民は手堅く、みんなが躍進

政治

 第17回統一地方選の横浜市議選(定数6)・神奈川県議選(定数3)の投開票が10日に行われた。逆風となった民主党が区内での議席を全て失い、代ってみんなの党が市・県とも議席を奪った。

 定数1減で6議席となった市議選には11人が立候補。混戦が予想された中、前回トップの牧嶋秀昭氏の後を引き継いだ尾崎太氏(公)が党として2期連続のトップ当選を果たした。市内でも躍進したみんなの党の有村俊彦氏は、トップと736票差で2位、自民党現職の山田一海氏、渡邊忠則氏はともに手堅く1万票を超え当選。無所属の井上桜氏も5期目を決めた。最後の1議席は、共産・古谷靖彦氏が現職で引退する中島文雄氏の議席を守った。

 逆風の続いた民主党は、現職の谷地伸次氏、新人の山室千尋氏の2人を擁立するも山室氏が次点、谷地氏も議席を失った。藤川祥子氏(ネ横)も支持層を広げられず、無所属新人の山崎宏文氏、林田浩作氏は振るわなかった。

 定数3の県議選には6人が出馬し、横山幸一氏が2期連続のトップ当選となった。次いで加藤正法氏(み)が2万票を超え、現職の鈴木秀志氏(公)も3期目を死守した。

 一方、無所属で出馬した現職の東野陽子氏は7期目に挑むも届かず、新人の檜垣明宏氏(民)は票をまとめきれず次点にとどまった。また、議席を狙った岡崎裕氏(共)は健闘も及ばなかった。

県知事選・鶴見も黒岩氏が圧勝

 無所属新人4人の争いとなった神奈川県知事選。民主・自民・公明が相乗り推薦したジャーナリストの黒岩祐治氏が当選を果たした。

 鶴見区の投票率は、東日本大震災の影響による自粛ムードもあってか、市議選44・42%(前回より1・78ポイント減)、県議選44・43%(同1・8ポイント減)となり、いずれも市内18区中17位という結果だった。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域に根ざし70年

鶴見区医師会

地域に根ざし70年

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

“駅ハイ”のコースを企画

横浜商科大学生

“駅ハイ”のコースを企画

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

バカロレアに認定

聖ヨゼフ学園小学校

バカロレアに認定

3月1日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク