鶴見区版 掲載号:2011年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

子育てタクシー 陣痛時の強い味方に 東宝(株)がドライバー研修

社会

ドライバー計30人が研修を受けた
ドライバー計30人が研修を受けた

 東宝タクシー(株)(大野清一代表取締役)=本社・鶴見中央=が11月16日、運営する子育てタクシーで陣痛時の登録が増えていることなどから、区内とわ助産院の指導の下、陣痛送迎研修会を行った。

 子育てタクシーは、子育て中の人にも安心してタクシーを利用してもらおうと、全国子育てタクシー協会が展開する事業。研修を受けた専門の運転手が、乳幼児の親子連れや妊婦などに対し送迎を行うサービスだ。同社では09年8月から導入し、現在は配車の10本に1本が子育てタクシーと好評を得ている。

 今回の研修会は、市内外で子育て支援に取り組むNPO法人まんまの仲介により実現。運行開始後もサービス向上のため、区内子育て支援団体やヘビーユーザーを招いての意見交換などを行ってきたが、出産施設の指導を受けるのは初めて。大野慶太専務は「定着してきたが現場では様々なケースがある。利用者のためはもちろん、ドライバーの不安解消も目的」と話す。

場面想定も

 研修会には、港北区のサンタクシー(株)の子育てドライバーも参加。講師の山本年映院長が、初産と2回目の違いや、陣痛の間隔での出産の近さなど妊産婦搬送時の注意点を説明した。タクシー内で出産したケースも出され、参加したドライバーからは「初めてかどうか聞く方がよいのか?」「やってほしくないことは?」など多くの質問が飛んだ。

 また、破水したときや陣痛が強いときなど、実際の場面を想定しシミュレーションも実施。山本院長は「付き添いがいなければ運転手さんが頼り。利用者も頼りにしている部分があるはず」とエールを送っていた。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域に根ざし70年

鶴見区医師会

地域に根ざし70年

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

“駅ハイ”のコースを企画

横浜商科大学生

“駅ハイ”のコースを企画

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

バカロレアに認定

聖ヨゼフ学園小学校

バカロレアに認定

3月1日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク