鶴見区版 掲載号:2012年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

シァル鶴見 11月開業 禅文化を発信 屋上庭園等で独自の空間

社会

 JR鶴見駅で整備中の駅ビル「シァル鶴見」の概要がこのほど発表された。商業施設としては全国でも珍しい禅文化のデザインを取り入れるなど、「地域に根ざした鶴見スタイルを発信する」としている。

 シァル鶴見は、地下1階、地上6階建て。JR東日本横浜支社が建築し、旧駅ビル「カミン」と同じ(株)横浜ステーシヨンビル=西区/濱田賢治社長=が運営する。店舗数は71店舗。現在、各テナントと最終調整段階だという。店舗ごとの内装が済み次第、11月中に開業予定。横浜ステーシヨンビルは、「夏ごろには開業日を発表できるはず」と話す。

 コンセプトは、「心通いあうくつろぎの我が家」。大本山總持寺のある鶴見という土地を踏まえ、日本や禅の文化を取り入れた造りとなる。特に表現する場として、屋上に枯山水を作庭。5階に「禅カフェ坐月(ざけつ)一葉(かずは)」を設けるという。

地元誇れる施設に

 屋上庭園などをデザインするのは、馬場にある徳雄山建功寺の住職で世界的庭園デザイナーの枡野俊明氏。「濱田社長のシァル鶴見へかける思いに惹かれた」ときっかけを語る。

 枡野氏によれば、禅の価値観や美意識を根底にすえた駅ビルや大規模商業施設は日本で初めてのものだという。これまでも多くの庭園デザインや茶室などを手がけてきた同氏だが、「今回は特に地元。鶴見でしか体験できない個性豊かな空間にし、地元の人たちが誇りに思える施設にしたい」と意気込んでいる。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

5年ぶりの自転車教室

矢向地区連合会

5年ぶりの自転車教室

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

区内外30機関が連携

鶴見区災害医療訓練

区内外30機関が連携

2月8日号

北線高架下緑地オープン

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク