鶴見区版 掲載号:2014年3月13日号 エリアトップへ

木造住宅密集地 地震火災、10年で半減を 市“燃えないまち”に本腰

掲載号:2014年3月13日号

  • LINE
  • hatena
市内の焼失棟数被害想定
市内の焼失棟数被害想定

 横浜市は今後10年間で木造密集地域などの全壊焼失被害の半減を目標に、2014年度から新施策を講じる。都市計画道路の前倒し整備による延焼の分断や、建築物の不燃化、感震ブレーカー設置など、ハード・ソフト両面の強化を目指す。

重点地域を指定

 横浜市では東日本大震災を受けて地震被害想定を見直し、その被害軽減の目標と対策をまとめた「横浜市地震防災戦略」を昨年4月に策定した。想定では全壊焼失棟数を市内全体で11万2000棟と試算。火災による焼失棟数が過去の想定と比べて激増したことを受け、地震防災戦略で「火災による被害の軽減」を重点施策の一つに掲げ、今年度検討を重ねてきた。

 新方針では、今後10年間で木造密集地域などの全壊焼失棟数の半減をめざす。被害が大きいと予想される地域(左図緑から赤の地域)を中心に、重点対策地域(約1200ha)・対策地域(約3700ha)を定め、優先的に整備する。

硬軟両面で対策

 ハード面では道路を広くとって延焼拡大を防ぐために、汐見台平戸線(南区)など数カ所の都市計画道路を前倒しで整備するほか、建築物の不燃化をめざして延焼の危険性が特に高い「重点対策地域」で建築物を準耐火建築物以上とする新たな防火規制を導入。建築物の除去や不燃化建替えの補助も行う。

 ソフト面の対策では、地震を感知して自動的に電気を遮断する「感震ブレーカー」設置促進のための購入補助を14年度の早い時期から実施。また、地域防災力向上のために「スタンドパイプ式初期消火器具」の自治会への普及も進める。

 木造密集地域などでの規制を伴った防火対策は既に東京都などで行われているが、神奈川県内では初めての試みとなる。市の担当者は「『燃えにくいまち、燃え広がらないまち』実現のため、まずは10年で被害を半減させ、その後も更なる施策を検討していきたい」としている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

利用者の居場所を開設

末吉介護事業所団体

利用者の居場所を開設 社会

”顔の見える”地域へ

12月5日号

時代切り開き50年

鶴視協

時代切り開き50年 社会

生きやすい社会へ尽力

12月5日号

第8分団、東芝が最優秀

横浜市消防大会

第8分団、東芝が最優秀 社会

小型ポンプで初のアベック

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

「生麦事件」テーマに新企画

「生麦事件」テーマに新企画 社会

地元商店街 旧東海道とも連携

11月21日号

古民家エリアが誕生

馬場花木園

古民家エリアが誕生 文化

23日に開園 1.6倍に拡張

11月21日号

国交大臣賞の栄誉

キリン緑地

国交大臣賞の栄誉 社会

「今後の模範」と高評価

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク