鶴見区版 掲載号:2014年11月6日号 エリアトップへ

元宮の歴史、一冊に 自治会が編纂

文化

掲載号:2014年11月6日号

  • LINE
  • hatena
冊子を手にする編集メンバー
冊子を手にする編集メンバー

 元宮自治会(丸山清吉会長=人物風土記で紹介)がこのほど、元宮の歴史をまとめた『元宮郷土史語りはじめ』を完成させた。元宮の郷土史をまとめた冊子の編纂は初めてとなる。同会は、今月から自治会会員を中心に冊子を配布していくという。

 冊子は全56頁。昭和初期から現代の元宮の地図や建物、祭りの写真などを数多く取り上げており、当時の暮らしの風景を思い浮かべることができるよう工夫されている。

 テーマは元宮の「人・生活・歴史」。編集に携わった同会の平畠穰副会長は「子どもが読んでもおもしろいように、単純に歴史だけではなく人の集まりや笑顔の写真をたくさん載せた」とこだわりを語る。

語り部減少に危機感

 製作をはじめたのは昨年の10月。「だんだん昔のことがわからない人が多くなってきた。新しい住民が増えている今、我々がやらなければ」と丸山会長。地域の語り部が消えゆく現状に危機感を覚え、歴史を未来へ伝承しようと自治会が立ち上がった。

 取材から編集まで全て自治会役員ら10人による手作り。熊野神社=市場東中町=や区役所から資料を集め、地域の高齢者に昔の様子を聞くなど、地域が一体となって冊子を作り上げた。

郷土研究の足掛かりに

 同会は編集を通じて、元宮を再発見できたという。「語りはじめ」という冊子のタイトルには、「次世代がこれを足掛かりに、もっと深いところまで歴史をまとめてくれたら」との願いも込められている。

 元宮では近年、マンション建設などにより転入者が急増している。1975年には約800戸だったものの、現在は約1600戸と倍増している。

 丸山会長は「何かの縁があって同じ場所に住んでいる。子どもたちが元宮に愛着を持って、いつか戻ってきてくれるよう、よさを知ってもらいたい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月23日号

港の消防強化に新部隊

港の消防強化に新部隊 社会

鶴見水上出張所 湾内守る

5月23日号

区内3対象が表彰

横浜人まちデザイン賞

区内3対象が表彰 文化

緑化や防災など高い評価

5月16日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

未来につなぐ大黒が"開港"

未来につなぐ大黒が"開港" 社会

令和から始まるまちづくり

5月1日号

「令和」は世界につながる元号

「令和」は世界につながる元号 文化

『万葉集』研究の鶴大・新沢教授が解説

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 教育

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

二大スターが競演

二大スターが競演

豪華ハワイアンステージ

6月30日~6月30日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク