鶴見区版 掲載号:2014年12月11日号 エリアトップへ

下野谷1・2丁目 「防災のまち」で組織認定 独自計画策定へ

社会

掲載号:2014年12月11日号

  • LINE
  • hatena
認定書を手にする福田会長
認定書を手にする福田会長

 下野谷1・2丁目防災まちづくり協議会(福田美穂会長)がこのほど、横浜市の地域まちづくり組織として横浜市長から認定を受けた。今後、市の助成制度などを活用しながら、防災計画を策定し、災害に強いまちづくりを行っていく。

 地域まちづくり組織は、安全で快適なまちの実現などを目的とした横浜市地域まちづくり推進条例に基づく市民組織。住民らが主体となり、地域まちづくりグループとして登録し、有識者などによる審議を経て組織認定される。区内では、市場西中町地区に続き、2地区目の認定となった。

震災受け「一体で」

 下野谷1・2丁目は、区内鶴見川の東側に位置し、潮見橋地区連合会に所属。面積は約9haで、世帯数は約1千世帯となっている。

 東日本大震災を受け、自治会会員らが「まちで一体となって防災を考えよう」と区に相談。組織の存在を聞き、2012年6月から勉強会をスタートしていた。13年3月に地域まちづくりグループに登録。町会内を歩き、防災上の課題調査や、自治会未加入世帯も含めた住民向けのアンケートなどを実施し、防災を踏まえたまちづくりについて検討してきた。

 そうした活動をもとに、今年9月、区域内すべての住民を会員とする「下野谷1・2丁目防災まちづくり協議会」を設立。福田会長は「自分たちのまちは自分たちで守るという意識が広がり、自主的にメンバーに入りたいという人も出てきたのが嬉しい」と話す。

課題克服の取り組みも

 まち歩きなどを通し、行き止まりや狭あい・未舗装の道の多さ、空家の増加など、防災上の課題もわかった。また、町内は区内でも高齢化率が高く、市の調査では、区域内に旧耐震の建物が6割以上あると推測されている地区でもある。今年度中に策定予定の防災計画には、判明した課題克服に向けた取り組みも盛り込んでいく考えだ。

 今後は計画策定のため、1月ごろに再度住民にアンケートを実施予定。「この地域は老若男女のネットワークが強力。できることからみんなで進めていき、継続していきたい」と福田会長は話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

リモートで防犯教室

少年補導員

リモートで防犯教室 教育

放送室から映像で

11月26日号

AED、24時間利用可能に

東寺尾北部町会

AED、24時間利用可能に 社会

会館外に設置

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

地域サイトを開設

横浜商大・鶴見区

地域サイトを開設 社会

情報発信、交流の場に

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

黒板アートで特別賞

聖ヨゼフ高生

黒板アートで特別賞 文化

初出場 想像の景色形に

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク