鶴見区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

ナイス 省エネ住宅で市と連携 普及狙い、体験施設設置も

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena
モデルハウスのイメージ図
モデルハウスのイメージ図

 鶴見中央に本社を置くナイスグループがこのほど、横浜市と包括連携協定を締結した。今後両者は連携して、省エネルギー住宅の普及などに取り組んでいく。今秋には、区内に環境と健康に配慮したモデルハウスを協働でオープンさせる予定だ。

 ナイスは、環境・健康に配慮した建築物やエネルギー消費の少ない生活様式の普及のほか、木材利用促進や横浜の魅力発信などについて、市と協定を締結した。

 今秋には、市と協働でエコと健康に寄与したモデルハウス「スマートウェルネス 体験パビリオン(仮称)」を区内に設置。太陽光発電システムや断熱の建物内を体感できるもので、省エネや室内の寒暖差で血圧が急激に変動する「ヒートショック」などを予防する家づくりを呼びかける。

 また、木材を利用した公共建築物設計のための技術交流や、ナイスのグループ会社であるYOUテレビ(株)のケーブルテレビを通じ、横浜トリエンナーレなどの文化芸術や観光分野に関する事業PRにも協力する。

業界変える契機に

 YOUテレビ(株)が横浜の歴史や文化を紹介するドキュメンタリー番組を制作していることから、もともと両者には交流があった。

 これまで環境負荷を軽減した住宅づくりに積極的に取り組んできたナイスは、市との連携により「当社の取組を他社にも広げていくことで、地域貢献にもつながれば」とねらいを語る。

家庭のCO2削減へ

 低炭素社会実現を目ざす市は、ナイスとの連携で省エネ住宅普及をさらに推進させたい考えがある。

 市内の二酸化炭素排出量の中で、家庭部門の割合は最も高く、排出削減の「優先度は高い」と市担当者は指摘。一方、省エネ住宅の整備にはコストがかかり、「電気料金の節約効果だけでは普及はなかなか進まないのが現実」という。

 そこで両者が着目しているのが省エネ住宅の健康への効果だ。「パビリオンなどを通じて省エネ住宅が健康にも良いことをアピールすることで、普及を押し進めていきたい」と市担当者は期待している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

オンライン開催へ

ウチナー祭

オンライン開催へ 文化

生配信ライブなど企画

9月17日号

鶴見ふれあい館が閉館

鶴見ふれあい館が閉館 社会

スタッフ高齢化、コロナ要因に

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

鶴見小に日本語支援拠点

鶴見小に日本語支援拠点 教育

来日間もない児童ら通う

9月10日号

振り込め防止に生徒の絵

振り込め防止に生徒の絵 社会

警察、郵便局ら 啓発ハガキ作成

9月3日号

見守りセンサーで命救う

不動産会社マウンテン

見守りセンサーで命救う 社会

孤独死解決に挑戦 独自に

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク