鶴見区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

下野谷1・2丁目 防災のまちづくり実行へ 独自計画 市の認定受ける

社会

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 昨年11月、横浜市の地域まちづくり組織として市長認定を受けた「下野谷1・2丁目防災まちづくり協議会」(福田美穂会長=人物風土記で紹介)が防災計画をまとめ、5月15日、地域まちづくりプランとして市から認められた。区内では市場西中町地区に続く2地区目。今後、同団体は、策定した計画を順次進めていく。

支援制度を活用

 下野谷1・2丁目が進めるプロジェクトは、横浜市が市まちづくり推進条例に基づき定めた支援制度を活用したもの。認定は有識者などによる審議を経て行われる。

 同地区は区内鶴見川の東側に位置し、潮見橋地区連合会に所属。面積約9haで、世帯数は約1千世帯だ。住宅の老朽化や、狭く行き止まりの道が多いなど、防災面の課題を抱えており、2012年から地域住民主体で勉強会を開始。そうした活動から、昨年11月に組織認定を受けていた。

10プロジェクト立ち上げ

 計画は、住民アンケートや、これまでの町歩きで出た課題解決のために策定。区域内に10カ所以上ある行き止まり解消に向け、地権者と協力の上、門扉などの取付、雨水タンクの設置、災害時に役立つ技能を持つ人材や、資材を持つ人・企業の情報をまとめる「人材・資材バンク」の作成など、10のプロジェクトを立ち上げた。

 今後は、住民らで話し合いを進めながら、できる部分から順次実行していく。福田会長は「防災意識が高まり、まちが一つになることが一番大事。一つずつ取り組みたい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

マイナンバー申請お手伝い

鶴見区

マイナンバー申請お手伝い 社会

写真も撮影 その場で完了

1月20日号

南関東制し全国へ

鶴見タグラグビー

南関東制し全国へ スポーツ

得失点差で初切符

1月20日号

市内2番目の多さ

鶴見区内火災件数

市内2番目の多さ 社会

昨年速報値、「冬本番で警戒」

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

南関東へ初出場

鶴見タグラグビー

南関東へ初出場 スポーツ

全国かけ一丸

1月6日号

創意工夫でつながり新たに

区長インタビュー

創意工夫でつながり新たに 社会

ICT活用などコロナ後見すえ

1月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook