鶴見区版 掲載号:2016年3月17日号 エリアトップへ

馬場在住原さんら 地元文化復活へ始動 3月24日に旗揚げ公演

文化

掲載号:2016年3月17日号

  • LINE
  • hatena
旗揚げ公演をPRする原さん
旗揚げ公演をPRする原さん

 馬場在住の原誠一さん=人物風土記で紹介=らが、地域発の文化芸能を復活させようと、このほどプロジェクトを発足。3月24日には、旗揚げ公演となる歌謡ショーを鶴見区民文化センターサルビアホールで開く。

 発足したプロジェクトは、自治会町内会や団体などが賛同し結成された。発起人の原さんは、地元の文化芸能の衰退に危機感を持っていた。

 50年ほど前まで、地域には神社などで盛んに祭礼が開かれ、人々が唄や踊りを楽しむ「文化芸能の場」として親しまれていた。しかし戦後になると、農家の減少などによりかつての活気は失われた。

 自治会町内会が祭り行事を復活させ再興した時期もあったが、会員の高齢化が進み、若い担い手も不足。地域の文化芸能は、今また廃れ始めているという。

 鶴見で生まれ育ち、自らも地域活動に積極的に参加し地元の時代変化を見てきた原さん。「文化芸能が盛んな時代を復活させることで、地域を盛り上げたい」と発足の思いを話す。

住民でショー運営

 3月24日の旗揚げ公演はプロ歌手などが出演する歌謡ショーを企画した。

 原さんは15年にも地域の音楽家などを集めたショーを企画しているが、プロジェクトとしては初公演となる。原さんが園長を務めるやよいヶ丘幼稚園の保護者など地元住民ら約60人が実行委員として初めて参加し、当日の運営も行う。

 今後は、住民が歌声を披露するカラオケグランプリなども定期的に開催していきたいという。「ショーから地域にスターを生み出し、活気を呼び戻したい。住民によるイベント運営はもちろん、地域でスポンサーも集めたい」とプロジェクトメンバーは話している。

 歌謡ショーは、午後5時半開演。チケットの取扱い・問合せはやよいヶ丘幼稚園【電話】045・571・1452。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

ヘアドネーションに挑戦

東寺尾北台在住松本さん

ヘアドネーションに挑戦 社会

55歳男性が2年かけ寄付

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

子育ての悩みに寄り添う

子育ての悩みに寄り添う 社会

民間の相談施設が開所

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 経済

事業所にセミナーと研修

5月12日号

ちむどん切手を発売

日本郵便(株)南関東支社

ちむどん切手を発売 文化

市内133局で限定販売

5月5日号

江ヶ崎でマルシェ初開催

江ヶ崎でマルシェ初開催 コミュニティ社会

「地域活性化の一助に」

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook