鶴見区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

民生委員 なり手不足が常態化 負担重く、定数割れ200人超

社会

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena

 生活や福祉に関する地域の身近な相談相手として行政とのパイプ役などの役割を担う民生委員。12月1日の全国一斉改選を控え、市内では定数4156に対し委嘱予定人数が3921人と、235人の不足となる見込みだ。市は「様々な要因が考えられるが、委員の負担増や認知度の低さもその1つ」と分析する。

 2017年に制度創設100周年を迎える民生委員は、厚労省から委嘱される特別職の地方公務員で児童委員も兼ねている。市では200〜440世帯に1人を基準に配置している。

 急速な高齢化や単身世帯の増加などへの対応により期待が年々高まる一方で、高齢者など対象者の増加に伴い民生委員の業務量は増えている。こうした要因から、民生委員は全国的に人手不足が常態化しており、横浜市も例外ではない。

欠員は増える一方

 3年に1度の全国一斉改選を12月1日に控え、横浜市内では定数4156に対して委嘱予定人数は3921人。235人の不足見込みとなる。前回13年の一斉改選では、定数4118に対して202人が、10年では4029に対して145人が不足していた。人口増加に比例し定数が増えている現状はあるが、改選を重ねるごとに欠員が増えている。地区ごとの状況を見ると、市内で改選前に定数を満たしている区は18区中栄・泉の2区のみだ(16年7月1日現在)。

 民生委員の任期は1期3年。横浜市では年齢の上限を新任・再任共に、74歳までとしているが、60代・70代が約8割を占めているのが現状で、75歳の定年を迎える委員などの比率は全体の約25%にも上っている。

必要支援に支障も

 地域で欠員を抱えることは、隣接する地区の民生委員への負担が増えることを意味し、困りごとの発見や解決のための関係機関との連携など、必要な支援に遅れが生じるなどの問題を引き起こす可能性が指摘されている。また、負担増はさらなる不足を生む構造ともなっている。

 市担当者は「人手不足は、活動内容の理解度の低さも要因の1つ」とし、活動内容などを紹介する広報パンフレットの作成などの”知ってもらう”取り組みを強化している。今後は、「地域で孤立させないよう、委員の活動をサポートできるような体制づくりを行っていきたい」と話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

学生の絵で振り込め撃退

学生の絵で振り込め撃退 社会

警察、郵便局が啓発ハガキ

10月17日号

子ども向けに飼育冊子

区内動物愛護団体

子ども向けに飼育冊子 教育

“愛でる”知識学ぶ教材に

10月17日号

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク