鶴見区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

区少年野球連盟が40周年 人口減も「常に前進」目ざす

スポーツ

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
式典であいさつした小林会長
式典であいさつした小林会長

 区内20の少年野球チームをまとめる鶴見区少年野球連盟(小林松吉会長)が、創立40周年を迎えた。少子化や習いごとなどの選択肢の増加により、野球人口が減少する中、同連盟は「少年の心身の健全育成、野球文化を伝えるという使命を感じながら、常に前進する」と決意を新たにしている。

 同連盟は1976年に創立。それまでは潮田リーグ、下野谷リーグ、鶴見リーグという3つの組織が、それぞれ大会などを行っていた。少年野球が隆盛だったころ、他区では区の連盟が設立され始め、鶴見でも立ち上げの動きが加速した。

 当時すでにあった大人向けの野球を取り仕切る鶴見区野球協会、鶴見区役所が協力。3リーグの代表者で話し合い、1977年、第1回鶴見区少年野球大会を実施した。参加チームは60を超えたという。

20チーム535人所属

 現在は下野谷リーグがなくなり、潮田リーグ4チーム、鶴見リーグ16チームの計20チームが所属。535人の子どもたちが、各チームで練習に励む。

 主催する大会は、第1回から毎年継続。2012年から、鶴見大学協力のもと、同大硬式野球部の獅子ヶ谷グラウンドなどを会場に、鶴見大学杯が開かれている。

 近年では、元宮ファイターズが全国ベスト16になるなど、強豪も揃う同連盟。昨秋のドラフト会議で最多5球団から指名され、福岡ソフトバンクホークスに入団した田中正義投手が、駒岡ジュニアーズ出身と、プロ野球選手も輩出している。

 2月11日に行われた記念式典には、同連盟関係者や来賓ら約160人が出席。あいさつに立った小林会長は、野球人口が減っている厳しい現状に触れた上、「忘れてはいけないのは初代会長らの功績。各チームがんばっていこう」と意気込みを語った。

会場確保課題に

 部員数減少に加え、課題となっているのが大会場所の確保だ。会場となっていた区内各小学校では、周辺に住宅が建つなどした関係もあり、試合ができなくなっている学校も少なくないという。そのため、区外の球場も使いながら、毎年確保できた球場に合わせて日程を組んでいる。

 小林会長は「継続していくには、各チーム地域と共存していく必要もある」と話し、時代に合わせ柔軟に対応していくとしている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 経済

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

鶴見消防団に大臣感謝状

鶴見消防団に大臣感謝状 社会

団員大幅増が評価

4月2日号

鶴見中央に“まちのリビング”

鶴見中央に“まちのリビング” 社会

市民整備 4月1日から

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

”防災のまち”に大臣賞

市場西中町

”防災のまち”に大臣賞 社会

16年 地道な取組に評価

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク