鶴見区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

生麦まちゼミに二大企業 地域と一緒に盛り上げる

社会

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena
まちゼミの説明を聞く新規参加予定の店主ら
まちゼミの説明を聞く新規参加予定の店主ら

 商店主が講師となり、専門知識などを提供する「得する街のゼミナール」(愛称=まちゼミ)。生麦周辺の商店街が現在開催を準備している「生麦deまちゼミ」に、キリンビール(株)横浜工場と京急電鉄(株)が参加することがわかった。全国各地で行われている同企画に大企業が参加するのは珍しく、13日の説明会に出席した二社は「一緒にまちを盛り上げたい」と声を揃える。

 まちゼミは2002年、愛知県岡崎市で始まった企画。「勧誘や販売はなし」というルールのもと、商店主が講師となり、少人数制でコミュニケーションを重視した無料講座だ。商店街活性化に加え、受講する顧客や地域にも還元される事業として、これまでに全国340地域に広がっている。

 生麦では、(株)全国商店街支援センターの協力を得て、昨年9月に初開催された。第一回目には、生麦駅前通り商友会、岸谷商栄会、花月園前通り花商会周辺の18店舗が参加。参加店の店主らによる生麦盛り上げ隊(松野良明隊長=人物風土記で紹介)が主催した。

特別ツアー企画

 隊長を務める松野さんから参加を打診されたキリンビール横浜工場は、「愛される工場になるという目標に趣旨が合致した」と快諾。近隣学校への出張授業や臨海部企業との連携などは行ってきたが、商店街と協力するのは初めてだという。

 「参加するのはもちろん、これまで蓄積してきたノウハウもオープンにして、サポートできるものはしていく」と同工場。講座はまちゼミ限定の特別工場見学ツアーを企画するという。

駅前を活性化

 一方の京急は、沿線活性化の施策を検討する中、まちゼミの情報を入手。第一回目の開催直前に松野さんのもとを訪れていた。「商店の活性化や将来についての考えを聞き賛同した」と、二回目への参加を決めたという。

 同社まち創造事業部の担当者は「地元の方と一緒になって取り組むことで、効果的に駅前の活性化が図れる」と話す。開催場所や講座内容は現在検討中としている。

広報面などに利点

 13日にあった説明会の講師を務め、北九州市若松区でまちゼミを仕掛ける牛島源さんは「ここまでの大企業の参加は全国でも珍しい例だと思う」とし、「広報面などメリットは大きい」と利点を挙げる。

 二社のほか新規参加は飲食店など。既存店舗も含め、25店舗前後が参加する予定だという。松野さんは「(二社は)強力なパートナーで、本当にありがたい話。前回同様、多くの人に喜んでもらえれば」と話している。

 第二回目の開催期間は4月21日〜5月31日を予定している。
 

前回理容店で行われた子どものシャンプー法講座
前回理容店で行われた子どものシャンプー法講座

鶴見区版のトップニュース最新6

空手全国3位に

鶴見在住吉田さん

空手全国3位に スポーツ

初出場で快挙 

6月17日号

ユニフォーム海外へ寄付

サッカーチーム下野谷レッグス

ユニフォーム海外へ寄付 スポーツ

善意の75組 ネパールへ

6月17日号

緑化活動で大臣賞

みどりのルート1をつくる会

緑化活動で大臣賞 社会

“沿道里山”実現へ尽力 

6月10日号

配信授業システム稼働

鶴見大図書館

配信授業システム稼働 教育

「学校にいる安心感ある」

6月10日号

電気ごみ収集車普及へ協定

新明和工業(株)

電気ごみ収集車普及へ協定 社会

厚木市、三菱ふそうと

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter