鶴見区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

入船公園 ヤギが“正式入社” ふれあいの場も登場

文化

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
ヤギに餌をやりながら触れ合える
ヤギに餌をやりながら触れ合える

 入船公園=弁天町=に2頭のヤギが正式入社した。目的は園内の除草や公園の魅力度アップ。餌をやって触れ合える場も新たに設置され、担当者は「訪れた人がヤギに癒されてくれれば」と話す。

 市公園管理事務所によると、現在除草目的としてヤギを飼っている公園は、市内には緑区の玄海田公園のみで同公園は2施設目となる。

 同公園には昨年9月、ヤギ2頭が試用期間として仮入社していた。餌である草がなくなる冬にヤギが故郷へ帰った後、「ヤギはどこに行ったの」「次ヤギはいつ来るのか」など惜しむ声も多く、予想以上に来園者の反応が良かったことから、このほど正式入社。10月まで同公園に滞在する予定。

 2頭は富山から来た1才ほどのオス。普段はテニスコート横のスペースにおり、マテバシイやヤマモモの葉を食べる。人懐っこくドッグランに来た犬にも驚かないという。片方のヤギには首のあたりに肉垂と呼ばれる突起が付いている。

 すでに休みの日に毎回ヤギの顔を見に来る人もいるほど人気者。担当者は「食欲旺盛で草が足りないくらい」と嬉しい悲鳴を上げている。

 今後はメスのヤギも導入してチーズ作りや一緒に写真が撮れるフォトスポット設置などを考えているという。

 2頭は5月の連休から5月末まで名前を公募し、多かった名前に決定する予定。公園で配られる応募用紙に記入するか、電話で応募を受け付けている。

 触れ合いの時間は月曜日を除く毎日午後2時から1時間。担当者は「ヤギは噛んで引っ張って食べるからしっかり餌を持つのがコツ」と話す。雨天中止。問合せは【電話】501・2343。

鶴見区版のトップニュース最新6

校舎窓に手作りエール

鶴見小学校

校舎窓に手作りエール 教育

休校中にもつながりを

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

アマビエグルメで疫病退散

アマビエグルメで疫病退散 文化

区内女将ら 限定販売

5月21日号

外国人世帯に食糧品配布

ABCジャパン

外国人世帯に食糧品配布 社会

コロナ禍で解雇なども

5月21日号

被害額県下ワーストに

区内振り込め等

被害額県下ワーストに 社会

給付金詐欺にも警鐘

5月14日号

昼食で一人親を支援

昼食で一人親を支援 経済

楽匠 顧客に恩返し

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク