鶴見区版 掲載号:2018年6月21日号
  • LINE
  • はてぶ

子育てマップ 製作費募る 「ままっぷ」 母ら呼びかけ

社会

ままっぷを製作するメンバーら
ままっぷを製作するメンバーら

 区内の子育て情報を盛り込む地図「つるみままっぷ」の継続発行を目ざし、企画・製作する母親らが、製作費を募っている。補助や助成に頼らず、インターネットで寄付を募る仕組みのクラウドファンディング(CF)に独自で挑戦。「毎年、応援してもらえるような末永い活動にしたい」と関係者は意気込む。

 「つるみままっぷ」は、親子で利用できる施設や店舗などを掲載する子育て情報地図。坂道や階段など、製作する母親らが、実際に区内を歩いて得た”子育て目線”が盛り込まれている。

 10年前、北寺尾在住で二児を育てる今井幸子さんが考案。「てらお」「にし」「きた」「みなみ」とエリアを広げ、2015年に区内全域版を発行。以降、改訂版や英語版も製作してきた。現在では、区の新生児訪問の際にも配布され、子育て世帯の貴重な情報源として活用されている。

自立目ざし挑戦

 発行にかかる費用面については、当初は区の助成金なども活用してきたが、継続的な活動のために自立を模索。昨年初めて、支援サービスのあるサイトでCFを活用した。

 一年間、協力を呼びかける中、支援サイトに支払う手数料の高さもあり、今年は独自に挑戦を決意。6月15日から募集を開始した。

改訂版など8千部

 寄付額の目標は50万円。8月から来年7月までに新たに出産する家庭と、0〜3歳児のいる区内転入者などに配布する日本語版7千部と、秋に発行を目ざす中国語版の発行費用などに充てる。

 日本語版は、現在改訂作業中。昨年夏の改訂から一年間で、メンバーらが生活しながら地道に収集した100以上の情報を盛り込むという。今井さんは「赤い羽根募金のように、毎年この時期には『ままっぷ』となるように頑張りたい」と話す。

 支援は1千円から。銀行振り込み、現金でも寄付できる。金額により地図内に氏名の掲載などの特典がつく。募集は7月15日まで。詳細ホームページhttps://www.tsurumimamap.com/を参照。
 

11/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「邦楽」一堂に

伝統の「邦楽」一堂に

箏に長唄、日舞――2日に舞台

12月2日~12月2日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク