鶴見区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

サルビアホール 天井改修で利用停止へ 2019年7月から9カ月予定

文化

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
天井改修工事が行われる4階ホール
天井改修工事が行われる4階ホール

 鶴見駅東口すぐにある区民文化センターサルビアホール・4階ホールが天井改修工事により、2019年7月から9カ月間、利用停止になることが発表された。3階の音楽ホール、ギャラリー、リハーサル室、練習室は通常通り利用できる。

 今回の改修工事は、東日本大震災以降、大規模空間の天井脱落事故が相次いでいたことを受け、2014年に改正された建築基準法の新基準への適合及び、利用者の安全確保を図るため。

 横浜市は、2015年に公共建築物の天井脱落対策事業計画を発表しており、特定天井を有する市内の公会堂やスポーツセンター、地区センターなど102施設について順次、耐震工事に取り掛かっている。

 対象となる特定天井とは、吊り天井で、天井の高さが6m、水平投影面積が200平方メートルを超え、かつ天井部材の重さが2kg/平方メートルを超える等のもの。

 同ホールの利用休止期間は、2019年7月1日から2020年3月31日までを予定している。

 工事は6カ月で終えることが多いが、同ホールは天井構造が複雑なため、通常よりも時間がかかるという。

稼働率7割

 サルビアホールは、2011年に開館。4階のホールは548席(拡張時656席)の広さを持ち、演劇などに使われるプロセニアム形式と音響反射板形式、座席を全て格納したフルフラット形式で利用できる。

 地元団体の発表会などに使われおり、月の稼働率は7割とほぼ毎日利用されていた。

 同ホールの山口滋生館長は「利用者の皆さんにはご迷惑をお掛けして申し訳ないが、ご理解頂きたい」とコメントした。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

食ロス削減へ回収箱

食ロス削減へ回収箱 社会

区などが2カ所に常設

7月9日号

密対策難しく、「臨海」も断念

密対策難しく、「臨海」も断念 社会

区民祭り、今年度は全滅

7月2日号

道路の安全に配達員の目

道路の安全に配達員の目 社会

鶴見土木と郵便局ら連携

7月2日号

昼間に蛍観賞会

昼間に蛍観賞会 教育

 矢向小 工夫し、児童に”光”

6月25日号

中学生にも最後の大会を

中学生にも最後の大会を 教育

保護者が署名集める

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク