鶴見区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

市場地区平安町 第二会館を開設 防災・福祉の拠点に

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
令和の名をつけた第二会館「令和防災福祉ふれあい会館」
令和の名をつけた第二会館「令和防災福祉ふれあい会館」

 平安町町会(河西英彦会長)の2カ所目となる会館がこのほど完成し、4月13日、地域住民らに披露された。単一町会で会館を2つもつのは市内でも珍しいという。河西会長は「最初の会館とともに、ニーズに合わせながら柔軟に利用していく」と話す。

 第二会館の名称は、「令和・防災福祉ふれあい館」。住民から愛称を募り、新元号、防災福祉の拠点、ふれあいの場の3つの意味を込めて名付けられた。

 第一会館の目の前の土地に、総床面積172平方メートルの地上2階建て鉄骨ALC造で建設。1、2階にトイレを設置。エレベーターも完備する。補助金などはなく、町会費の積み立て分や、寄付などでまかなった。

 施工を担当した同町会の(有)菊地建築店によると、液状化対策のため通常よりも多い杭を打っており、耐震性を高めた造りになっているという。

 近隣自治会の関係者らは「1カ所でも大変なのに、2カ所は聞いたことがない」とその珍しさを強調する。

変わるニーズに対応

 第一会館は、2000年1月に開館。当時、幼児が増加していたことから、キッズルームなどに活用しようと建てられたものだ。

 この間、地域の拠点としてさまざまな形で利用されてきたが、「だんだんと手狭になり、時代とともにニーズも変化した」と河西会長。幼児から小中学生へ支援対象の転換や、増加する高齢者のための居場所づくりなどが必要となっていた。

 加えて、防災面にも配慮。1階部分など低い場所にあることが多い防災備蓄庫を、第二会館の2階に設置する予定。大雨などの氾らん時、多摩川で1・5m、鶴見川で1mという同町会エリアの浸水予測にも対応可能な状況にしていく。

小学生向け強化

 新会館では横浜市の委託を受けた介護予防・生活支援サービスとして、高齢者を対象としたサロンをスタート。今後は、近くの市場小・中学校、平安小学校、鶴見総合高等学校とも連携しつつ、小学生向けの企画として、学習支援と子ども食堂を検討しているという。

 落成披露会には、市場地区の自治会町内会関係者や鶴見区役所担当者などが出席。新たな会館の門出を祝った。

 河西会長は、たくさんの協力のおかげと謝意を示したうえで、「これからが正念場。せっかく作った会館をしっかり運営していかなければ」と気を引き締めていた。

あいさつする河西会長
あいさつする河西会長

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

学生の絵で振り込め撃退

学生の絵で振り込め撃退 社会

警察、郵便局が啓発ハガキ

10月17日号

子ども向けに飼育冊子

区内動物愛護団体

子ども向けに飼育冊子 教育

“愛でる”知識学ぶ教材に

10月17日号

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク