鶴見区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

街の魅力伝える「案内役」に 商大、地域らが養成講座

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena

 まちの魅力の発信役を担う「鶴見コンシェルジュ」の養成講座が、5月9日から開講する。全12回の講座では、講義やまち歩きを実践。得た知識をさまざまな活動でいかしてもらい、魅力発信につなげていく。

 講座は、鶴見区と包括連携協定を結ぶ横浜商科大学=東寺尾=が発案したもの。昨年始まった。

 実施にあたっては、区と商大に加え、地域の魅力や歴史の知識を豊富に持つ、鶴見区文化協会、みどころガイドの会、歴史の会と連携。鶴見コンシェルジュ養成講座実行委員会を設立した。

 鶴見の魅力の発見と、知識を活用しながら活動の輪を広げてもらうことなどが目的。将来的には、観光面の強化につなげていく狙いもある。

講義にまち歩きも

 テーマは「鶴見の魅力の再発見」。これをもとに全12講座を編成した。

 内容は鶴見区の誕生秘話から、寺尾城周辺のまち歩きや、鶴見川の治水の歴史、フランスで活躍した鶴見の庭師の話など、多彩な題材が並ぶ。また、市内で2番目に外国人が多いまちとして、外国人支援などを行う団体を招いたパネルディスカッションも組み込んでいる。

 実行委員会は「魅力を知ってもらい、『伝える』ことのできる方々の輪を広げたい」と話す。

 日程は5月9日〜8月1日まで週1回程度。社会人も参加しやすいようにと午後6時開始を多く設定している。会場は鶴見中央コミュニティハウスなど。受講は1回から可能。対象は高校生以上。各回定員先着40人。各開講日の3日前までに申込票を送付。参加費は鶴見区民1回5百円(その他は1千円)。12回一括申込みの場合は区民4500円(他9千円)。申し込み・問い合わせは、横浜商科大学教務課【電話】045・583・9062(祝日除く月曜〜金曜午前9時〜午後4時半)または商学部長・佐々さん【メール】sassa@shodai.ac.jp。

鶴見区版のトップニュース最新6

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

会場広げ"地元沖縄"満載

鶴見ウチナー祭

会場広げ"地元沖縄"満載 社会

9月に引っ越し、21・22日に

9月12日号

モンゴル医大から称号

馬場在勤篠原今朝男さん

モンゴル医大から称号 社会

病院建設に尽力

9月5日号

国土交通大臣表彰を受賞

豊岡商店街

国土交通大臣表彰を受賞 文化

打ち水企画など評価

9月5日号

IR誘致を正式表明

横浜市

IR誘致を正式表明 政治

カジノに波紋広がる

8月29日号

鶴見工場にミュージアム

森永製菓

鶴見工場にミュージアム 社会

2020年春 見学も再開

8月29日号

登校時に防犯パトロール

横浜市

登校時に防犯パトロール 社会

殺傷事件受け試行

8月22日号

プリンス電機㈱

環境や社会に取り組む施設、機器用照明の専門メーカー

http://www.prince-d.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【12】「学校歯科医とかかりつけ医の役割」

    6月27日号

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【11】「学校歯科医の使命」

    5月30日号

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【10】「妊婦歯科健診のおすすめ」

    4月25日号

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク