鶴見区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

自転車保険 10月から加入を義務化 市内加入率は未だ半数

社会

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
駅に貼られた啓発ポスター
駅に貼られた啓発ポスター

 神奈川県は10月1日から自転車損害賠償責任保険などヘの加入を義務化した。横浜市も啓発を行っているが、アンケートによると市内加入率は約半数にとどまっているのが現状。市や関係団体は必要性の周知を一層強化する方針だ。

 義務化されたのは自転車により歩行者などをけがさせたり、死亡させた場合に損害を補填できる保険への加入。近年、全国的に自転車事故で高額賠償事例が増加していることから、県は事故発生時の被害者救済や加害者の負担軽減のため条例を制定。その中で義務化を定めた。保険は自動車保険などの特約で自転車の保障が含まれる場合も認められている。

 条例では自転車の利用者はもちろん、未成年の場合は保護者の加入を求めている。また、業務上で自転車を利用する企業などの事業者も対象となるほか、小売店は顧客に対する保険加入状況の確認や保険に関して情報提供することが義務付けられている。しかし、いずれも違反での罰則は設けられておらず、実効性を疑問視する向きもある。

啓発も普及進まず

 横浜市は市交通安全協会などと連携し、自転車の安全利用に向けて県の条例制定前から啓発を行ってきた。市道路局交通安全・自転車政策課では、ホームページや公共交通機関、自治会町内会を通して周知。しかし2017年のアンケートによると加入率は約半数にとどまっている。同課の担当者は「保険が役立つのは万が一の時なので、必要性を感じづらいのかもしれない」と話す。

 一方で同協会は今年8月から個別に自転車販売店を回るなど、周知に奔走する。16年からは損害保険ジャパン日本興亜(株)と連携した「ハマの自転車保険」を提供するが、加入者数は今年8月末時点で5290人。同協会の担当者は伸び悩む理由を「自動車や二輪車と比べ、大事故は起きないという認識の人が多いのでは」と説明するが、同保険では今年7月までに53件の保険金の支払い事例が発生している。同協会の担当者は「義務化をチャンスとして普及を進めたい」とし、周知に努めていく考えだ。

鶴見区版のトップニュース最新6

利用者の居場所を開設

末吉介護事業所団体

利用者の居場所を開設 社会

”顔の見える”地域へ

12月5日号

時代切り開き50年

鶴視協

時代切り開き50年 社会

生きやすい社会へ尽力

12月5日号

第8分団、東芝が最優秀

横浜市消防大会

第8分団、東芝が最優秀 社会

小型ポンプで初のアベック

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

「生麦事件」テーマに新企画

「生麦事件」テーマに新企画 社会

地元商店街 旧東海道とも連携

11月21日号

古民家エリアが誕生

馬場花木園

古民家エリアが誕生 文化

23日に開園 1.6倍に拡張

11月21日号

国交大臣賞の栄誉

キリン緑地

国交大臣賞の栄誉 社会

「今後の模範」と高評価

11月14日号

10/4家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク