鶴見区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

市場西中町が大臣賞 防災のまちへ尽力

社会

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
防災機能を備えた「きらきら公園」と森田会長(右)、熊谷事務局長
防災機能を備えた「きらきら公園」と森田会長(右)、熊谷事務局長

 市場西中町の住民らから成る「鶴見区市場西中町まちづくり協議会」(森田洋司会長)がこのほど、「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」を受賞した。地域が一体となり、道路拡幅や公園整備など、防災機能の高い住環境を作り上げてきたことが評価された。

 国土交通省では住民の積極的参画による創意工夫したまちづくりを推進するため、1983年から毎年6月を「まちづくり月間」と定めている。

 同賞はその一環として魅力あるまちづくりに功績のあった個人または団体を表彰するもの。今年度は全国から29団体が選出。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、表彰式は中止となった。

 市場西中町は、旧東海道が通る世帯数約750の町。救急車の入りづらい狭あい道路や行き止まり路地などが多く、耐震基準を満たしていない木造住宅も多くあった。

 2003年に横浜市の「防災上課題のある密集市街地」に指定されたことをきっかけに、04年に協議会を立ち上げ、市の支援も受けながら課題を解決してきた。

地道に16年

 「もちろん大変なこともあったよ」。熊谷起一事務局長はつぶやいた。

 地権者などに粘り強く働きかけながら道路拡幅や私道の舗装化を実現。公園にかまどスツールやマンホールトイレを設置し防災機能を確保した。

 空き家などの建替えを推進し、建設や工事の前には建築主に計画概要などの提出を依頼。工事中の留意事項や新設ブロック塀などについて話し合い、一体的なまちづくりが実現するように要望してきた。概要の提出は義務ではなく、強制はできないため、提出されない場合もあったが、地道に説明を繰り返し、理解を促してきた。

 森田会長は「協力がないとできないこと。声掛けなどコミュニケーションを大切にしてきた」とし、熊谷事務局長は「振り返ると真面目にやってきて良かった。一番住みやすい町にという思いがつながった」と喜んだ。

 今後は無電柱化や旧東海道への歩道設置を行っていきたいという。

鶴見区版のトップニュース最新6

地域で子育て応援へ

地域で子育て応援へ 社会

出産祝う企画 参加しやすさ工夫

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

生麦トイカプセル誕生

生麦トイカプセル誕生 社会

駅改札横に設置 

9月16日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

高校総体テニスで日本一

白鵬女子西・内島ペア

高校総体テニスで日本一 スポーツ

2年分の思い遂げる

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(参議院議員財務副大臣)を任命

    9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook