鶴見区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

地域一丸で謎解き企画 寺尾小周辺 密さけ工夫

コミュニティ教育

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
景品をもらいに来るこどもたち(上)と隠された答えを見つけた参加者の親子
景品をもらいに来るこどもたち(上)と隠された答えを見つけた参加者の親子

 白幡公園や寺尾小学校周辺の自治会、団体がコロナ禍でも子どもたちが楽しめるものをと、工夫して企画などを考えている。3月27日から4月4日までは初となる謎解きイベントを実施。期間中は350人以上が参加し、盛況となった。

様々な団体が協力

 企画は、東寺尾第一、二、三、南部明朗などの周辺自治会や寺尾小学校おやじの会、白幡神社奉賛会などからなる「おいでよ白幡の森実行委員会」が主催。

 コロナ禍で活動が制限されている子どもたちが楽しめるものをと、昨年から密を避けながら実施できるよう工夫し、きもだめしやハロウィーンといったイベントを行ってきた。

 今回は学校の春休みに合わせ、8日間にわたり初となる謎解き企画を実施した。周知は掲示板や回覧板、子ども会の連絡網などで行った。

 白幡神社は毎月行っていたカレーのふるまいなど地域向けのイベントが中止になっていることもあり、神社で何かできることをと場所の提供を積極的に提案。横浜東寺尾一郵便局も景品の提供で力を貸すなど、地域が協力しながら進めてきた。

遊んで歴史学ぶ

 参加者は、配布されたクイズの書かれたマップを見ながら、白幡の森を歩いて答えを捜索。全ての謎を解き、期間中の土日に白幡神社へ行くと、お菓子などの賞品をもらうことができた。

 クイズは、寺尾城の殿様である諏訪馬之助や、宝蔵院で作られた天然氷にまつわるものなど、全て地域の歴史などから出題。クイズを通して、地元のことがわかるように考案した。

 4月3日には、親子連れの姿が多く見えた。なかなか答えを見つけられず、実行委員会にヒントをもらう子どもたちもいた。「問題はすぐに分かった」と歴史に詳しい子どももいた。

 小学1年生の子どもと参加した東寺尾に住む母親は「子どもが家でゲームばっかりだから、こういったイベントがあると外に出る機会になって有難い」と喜んだ。

 実行委員会は、「神社のお祭りなどが中止になる中、地域への関心が離れないようにという思いもあった。コロナ禍でイベント自粛が続く間は継続していく方向」とし、すでにゴールデンウィークの企画案も出ているという。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

5月7日号

バス停2カ所「最も危険」

バス停2カ所「最も危険」 社会

国調査 区内32カ所に判定

5月7日号

「目指すはパリ五輪」

子どもの日インタビュー

「目指すはパリ五輪」 スポーツ

ブレイクダンス・藤野さん 世界で飛躍

4月29日号

地域伝統芸能大賞を受賞

鶴見神社田祭り保存会

地域伝統芸能大賞を受賞 文化

途絶から再興など評価

4月29日号

案内パンフレット製作

東寺尾北部町内会

案内パンフレット製作 社会

消防団と連携 防災情報も

4月22日号

一時停止向上へ「お礼運動」

一時停止向上へ「お礼運動」 社会

区、警察 児童対象にスタート

4月22日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲通りでマルシェ

連休中2企画

仲通りでマルシェ

4月29日~5月9日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter