鶴見区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

育ちざかりの子どもたちを応援 市政報告みちよレポ【10】 一緒に食べ学ぶ、中学校給食 横浜市会議員(自民党)東みちよ

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 育ちざかりの子どもたちを健やかに支えたい。そんな願いをこめ、この4月から中学校給食(デリバリー型)がついにスタート。これまで「ハマ弁」として親しまれてきた昼食弁当が学校法上の「給食」に位置づけられ仕組みが変わることで、内容がさらに充実し、おいしくなりました。(選択制でほかに家庭弁当、業者弁当も選べます)

 私は議員になる前から、子どもの成長と「食」の関係を大切にしたいとの想いで、食育活動を行ってきました。保護者の皆さんからも中学校給食のご要望を頂き「どうしたら子どもたちがおいしく、健やかに食を楽しめるか」という観点から、地域の皆さんとハマ弁試食会を行い、皆さんのご意見を教育委員会への要望とし重ねて訴えてきました。

 自民党内でも議論を重ね、令和二年の横浜市会第一回定例会では、わが党の古川元団長の要望に対し、林市長も「デリバリー型給食の早期実現を目指す」と約束し、実現が加速化されました。

給食化で何が変わる?

 給食法上の給食に位置づけられることで、コスト負担が変わります。保護者負担が食材費のみに軽減されるため、その分食材を充実させ、国産食材使用やメニューも多彩に。またレシピは市の管理栄養士が担い、成長ざかりのお子さんの栄養バランスを重視します。

 そして新たに設けられたのが、新一年生が皆で一緒に給食を食べる「さくらプログラム」です。「うちの子、わが家では好き嫌いでおかずを残すけど、給食だと残さず食べるんです。みんなで同じものを一緒に食べるって、大切なこと」。試食会参加の保護者の意見です。給食を生きた教材として、食育が進められることに期待します。試食会の様子は、左記の市政報告動画でもご覧いただけます。

東みちよ

鶴見区豊岡町22-23

TEL:045-571-7781

https://azuma.tsuru.me/

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市の不妊治療の支援策

誰もが産みやすいまちを目指して 市政報告みちよレポ【17】

横浜市の不妊治療の支援策

横浜市会議員(自民党)東みちよ

5月19日号

県教育委員会におけるヤングケアラー支援を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」68

県教育委員会におけるヤングケアラー支援を実現

公明党 鈴木 ひでし

5月12日号

平和推進の取組進める

市政報告太'sレポート 125

平和推進の取組進める

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月28日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

4月14日号

県の公式ホームページの全面刷新を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」67

県の公式ホームページの全面刷新を実現

公明党 鈴木 ひでし

4月14日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook