鶴見区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

小野町周辺 アート企画が進行中 10月本番へ 海外との交流も

社会

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
キービジュアルとなるピンクのドットにメッセージを集め、街中に掲示する企画も(写真=イメージ、撮影:加藤甫)
キービジュアルとなるピンクのドットにメッセージを集め、街中に掲示する企画も(写真=イメージ、撮影:加藤甫)

 JR鶴見線の鶴見小野駅や小野町通り共栄会周辺を中心に、持続的なにぎわいの創出を目的としたアートプロジェクトが進行している。コロナ禍で流動的ながらも10月後半に開催予定のメインイベントを前に、機運を高めるワークショップなど各種企画を準備中だ。

7月から事前プログラム 

 プロジェクト名は「weTrees Tsurumi」(ウィーツリーズつるみ)。アートを介して人材や場所、環境などを地域とともに育て、土地に根差した形で、にぎわい創出をはかる。

 文化観光交流拠点としてアートプログラムなども展開する象の鼻テラス=中区=や小野町通り共栄会らによる協働企画。

 継続的なにぎわい作りを模索してきた同会と、象の鼻との出会いから構想が始まった。アーティストが持つ創造性を取り入れることで、これまでにない効果を狙う。

 2019年から、実際にアーティストがまちを訪問するなどして交流を開始。コロナ禍で集いの場が作れないなど変更を余儀なくされたが、今後につながる第一弾として実施する。

まち賑やかに

 5月12日、小野第二自治会館で行われた定例会には、象の鼻テラスや小野町通り共栄会、鶴見区役所などからメンバーが参加。各種日程やワークショップの内容などについて話し合った。

 メイン企画は10月後半とし、商店街のハロウィンスタンプラリーと同時開催。日本を中心に活動するアーティストらの作品展示のほか、来街者への特典、プロジェクトのみのオリジナルグッズや飲食物販売なども計画している。

 また、機運醸成企画として、ワークショップを含めた2つの事前プログラムを展開していく。

 事前プログラムは、動画やSNSなどでまちの魅力を発信する部活動「鶴見小野編集部」の発足と、大小さまざまなピンクのドットにメッセージを集めて街中に貼る展示企画の2つ。ピンクのドット企画は、スイス人デザインユニット・so+baが手がける。

 いずれも7月上旬ごろからスタートを予定しており、今後地域住民ら参加者を募る。

 さらにアーティストを招いた企画なども追加検討していくという。

 小野町通り共栄会の服部宏昭会長は「コロナで海外アーティストが呼べず残念」としながら、「地元の活性化という当初の目的を果たしたい。継続して発展させていければ」と意気込んだ。
 

スイスからのオンライン参加もあった定例会
スイスからのオンライン参加もあった定例会

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に臨海フェス

区内2連合会

独自に臨海フェス 社会

「コロナだからこそ」と企画

10月21日号

卒業生の著書コーナー新設

県鶴図書室

卒業生の著書コーナー新設 教育

「生徒の刺激に」 120冊

10月21日号

新人4氏が議席争う

衆院選神奈川3区

新人4氏が議席争う 政治

小此木氏辞職で現職不在

10月14日号

交流促進にシールラリー

矢向・市場地区

交流促進にシールラリー 社会

コロナでも活動模索 29日に

10月14日号

ブレイキン関東甲信越でV

ワープス竹中さん、間瀬さん

ブレイキン関東甲信越でV スポーツ

五輪へ続く大会に臨む

10月7日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook