神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2021年8月5日 エリアトップへ

災害時に、誰一人取り残さない 市政報告みちよレポ【12】 高齢者等の災害時支援策 横浜市会議員(自民党)東みちよ

公開:2021年8月5日

  • LINE
  • hatena

 日本各地で頻発、激甚化する自然災害。私は今年度、横浜市の減災対策推進特別委員会に所属し、尾崎太委員長とともに、副委員長として取り組んでいるところですが、私がとくに気になっているのが高齢者や障害のある方など支援が必要な方々、災害時要援護者への共助の推進です。

 自然災害においては、高齢者等の逃げ遅れによる犠牲者の割合が多いことが伝えられています。東日本大震災では、亡くなった方の約6割が60代以上の方でした。

 国では、小此木八郎前防災担当大臣のもと、災害対策基本法が一部改正され、令和3年5月20日より施行されました。改正法では、5段階の警戒レベルの行動を促す情報が見直され、警戒レベル3が「高齢者等避難」に変更。高齢者や障害のある方などの早めの避難準備を促します。これに伴い、各自治体においても高齢者等の避難を支援するための「個別避難計画」の作成が努力義務化されました。

 当時、防災担当大臣として法改正に臨んだ小此木八郎氏は「これまで災害現場に赴き、被災者の声を聞いてきた。災害に備えて誰一人取り残さない防災意識を地域で共有して頂くことが大切」とお話しされました。

共助の意識を

 私は今年5月の一般質問で副市長へも要援護者支援の取り組みについて質問しましたが、横浜市でも鶴見市場や矢向5丁目をはじめ、一部地域では個別支援計画作成に向けた取り組みが進んでいます。個人情報の管理や、支援員確保など課題はありますが、今後は活用事例集による啓発や、調査を中心に推進されます。ある町内会長は「共助のためには日頃からの交流など“顔の見える関係作り”が必要」だとお話されていましたが、コロナ禍においても、地域のつながりが失われず、共助の意識が育まれるよう備えていかなければなりません。

前防災担当大臣の小此木八郎氏と
前防災担当大臣の小此木八郎氏と

東みちよ

鶴見区豊岡町22-23

TEL:045-571-7781

https://azuma.tsuru.me/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

支援が必要な子どもたちの「声」を受け止める機関を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」88

支援が必要な子どもたちの「声」を受け止める機関を実現

公明党 鈴木 ひでし

5月9日

透明性を確保し説明責任を果たす

政治をオープンに 市政報告

透明性を確保し説明責任を果たす

横浜市会議員 日本維新の会 柏原すぐる

5月2日

公園を地域のシンボルに

市政報告太'sレポート148

公園を地域のシンボルに

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月25日

強い経済で、優しい社会を。

衆議院議員 中西けんじ 意見広告

強い経済で、優しい社会を。

4月18日

冷凍食品のロスを子ども食堂へ全国初の取組みを実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」87

冷凍食品のロスを子ども食堂へ全国初の取組みを実現

公明党 鈴木 ひでし

4月11日

来年度の予算が決定しました

市政報告太'sレポート147

来年度の予算が決定しました

横浜市会議員 公明党 尾崎太

3月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook