鶴見区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

鶴見火災予防協会 図書館へ防災図書 読んで啓発 初の寄贈

社会

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena
展示されている寄贈図書
展示されている寄贈図書

 鶴見火災予防協会(山本龍行会長)がこのほど、鶴見図書館へ防災などに関する図書16冊を贈った。寄贈された図書は、11月30日まで同図書館の窓口で展示されている。

 火災予防協会は、防火・防災の啓発などを行う団体で、鶴見区内では約230の企業や個人が加盟している。

 同会による図書館への寄贈は初めて。駅前での街頭啓発など、コロナ禍でこれまでの活動が難しくなったことから、啓発手段を模索。火災予防や防災などに関する図書を寄贈することで、区民らに意識を高めてもらおうと実現した。

 図書館によると、市全体への寄贈はあるが、区単独では珍しく、鶴見ではここ数年なかったという。

 図書は、『みんな森の仲間とオオカミのサイレン』といった子ども向けの絵本から、『今どき防災バイブル』などの大人向けまでの16冊。図書館が要望を出し、協会側が応える形で揃えた。

蔵書の幅広がると歓迎

 図書館では、限られた予算の中から、利用者のニーズや時代の流れなどを考慮しながら購入図書を決定している。

 そのため、より専門的な内容の本は購入に至らない傾向もあり、石合智晃館長は「今回のように、防災などに特化した本の寄贈は、蔵書の幅が広くなる」と喜ぶ。

 同協会は、今後も毎年寄贈を続ける予定としており、図書館側は「専門的な本が増えていけば、企画やコーナーなども考えていける」と歓迎。「区の図書館として、区民への防災意識の啓発につなげられる」と話した。鶴見消防署は、11月9日から15日までが秋の火災予防運動期間にあたるとし、「図書を通し、予防に努めてもらえれば」とした。

鶴見区版のトップニュース最新6

企業と共同 商品デザイン

東高校サス研

企業と共同 商品デザイン 教育

「SDGs身近に感じて」

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

マイナンバー申請お手伝い

鶴見区

マイナンバー申請お手伝い 社会

写真も撮影 その場で完了

1月20日号

南関東制し全国へ

鶴見タグラグビー

南関東制し全国へ スポーツ

得失点差で初切符

1月20日号

市内2番目の多さ

鶴見区内火災件数

市内2番目の多さ 社会

昨年速報値、「冬本番で警戒」

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook