神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

灯篭まつりで東日本大震災の犠牲者供養を行う浄土宗善教寺の住職 井上(いのうえ)祥倫(しょうりん)さん 杉久保北在住 68歳

公開:2011年7月29日

  • LINE
  • hatena

責任と感謝の心で

 ○…「『お寺としてできることは何か』を考えて、今年は檀家さんのご先祖供養と震災被害者の供養をあわせて執り行うことにしました」。8月16日、灯篭を飾り先祖を供養する「灯篭まつり」を行う。これまでにも祭りにあわせ、「誰にでも気軽に寺に足を運んで欲しい」との想いで寺を開放してきた。

 ○…3歳で海老名の地へ。仏の道に入ったのは今から28年前。先代の住職である父親が他界したことがきっかけに。後継者はすでに決まっていたが、まだ幼かったため、つなぎ役として半ば「あきらめの気持ち」だった。「お寺を絶やせないし、檀家さんもいらっしゃるのでしょうがなく」。保育園児に給食をつくる仕事を急きょ退職。浄土宗の講習会に年に1度、2年間夏の時期の数十日、京都へ修行に出かけた。いよいよ修行を終え髪を落としたとき自然に涙がこぼれた。それまでは修行から戻れば一人の女性として普段どおりに暮らすことができたが「この世界に入った」という責任を感じた瞬間だった。

 ○…23年前の夏、腹部に違和感を感じた。卵巣がんを患っていた。家族には医師から年内もつかどうかの告知が。自分でも体の異変を感じていたため「悲願法要だけは終えてから」と入院を遅らせた。その間に出会った治療法を実践すると不思議なことにがん細胞が減少。手術は行ったものの無事退院でき「再び命を頂いた」との思いから、檀家の協力を得て父親の生前の願いだった本堂の建て直しを成し遂げた。

 ○…「人を浄土へ送るのは責任が重い。今でも法要は緊張して終わると体がガチガチ。任されているのだから、常に新たなそして感謝の気持ちで臨まないと申し訳ない」。おだやかな語り口と表情に加えた、責任感の強さは人をひきつけてやまない。同じ目線に立ち、会話を大事にする。「皆さんが来てホッとできる場所にしたいですね」と優しく微笑んだ。
 

海老名創業塾

そうだ!海老名で創業しよう。海老名にはチャンスが広がっています!

http://ouentai.ecci.or.jp/?p=2721

緑のある暮らしをサポート

剪定・刈込・伐採など植木のお手入れ承ります!

https://ueki-ya.com/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

林 千鶴子さん

7月13、14日に座間市民芸術祭で作品を展示、座間華道協会の会長を務める

林 千鶴子さん

座間市新田宿在住 70歳

7月12日

柴田 佳穂(かほ)さん

タイ古式マッサージの世界大会で準優勝した

柴田 佳穂(かほ)さん

海老名市中新田在住 33歳

7月5日

高木 章江さん

絵画作品が7月15日からニューヨーク・マンハッタンで展示される

高木 章江さん

座間市立野台在住 60歳

6月28日

稲津 美智子さん

市民サークル「eフレンズざま」を発足させた

稲津 美智子さん

座間市入谷西在住 69歳

6月21日

高橋 健一さん

子ども英会話教室のプロジェクトリーダーを務める

高橋 健一さん

綾瀬市寺尾中在住 85歳

6月14日

高山 由一さん

ざまタグラグビークラブの代表を務める

高山 由一さん

座間市東原在住 59歳

6月7日

新しいお墓のカタチ

永代供養墓「博愛の絆」税込19万円~ 問い合わせは0120-70-2504

http://www.saint-sophia.com/ayase/

蓮の花の下で眠る 樹木葬型永代供養付ファミリー

「ファミリー」税込33万円~ 問い合わせは0120-70-2504

http://www.saint-sophia.com/ayase/

至高の休日スタイル 

綾瀬市綾西5丁目 現地見学会開催中

https://kato-koumuten.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook