鎌倉版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

7月1日によこはま動物園ズーラシアの園長に就任した 村田 浩一さん 今泉台在住 59歳

動物を愛し、動物から学ぶ

 ○…「動物園は学問の場」。上野動物園の設立に尽力した学者・田中芳男が描いた動物園は、青少年育成の場だった。新園長の考える理念はまさに彼と同じ。今やレジャー施設と化する動物園だが、本来は学びの場。しかし、それだと難しくて誰も来てくれない。「じゃあ、それをわかりやすく伝えよう」。これが今後のビジョンだ。「楽しみながら、遊びながら。知らないうちに知識が身に付く場所にしたい」と抱負を掲げる。

 ○…日本大学生物資源科学部(藤沢市)の教授でもあり、園長は非常勤として務める。日本野生動物医学会会長や国際自然保護連合専門家グループ東アジア地区委員長なども兼任する動物のエキスパートだ。ズーラシアは生命の共生をテーマとした動物園。野生を重視する動物園だからこそ引き受けた。「彼らの生活に土足で入り込んじゃいけない。動物対動物として、対等に付き合わないと」。動物たちへの愛情がにじみ出る。

 ○…神戸出身。幼いころから動物は身近な存在だった。大学では獣医学科に進み、1977年に神戸市立王子動物園に飼育係兼獣医として勤務した。現在、大学で教えている野生動物学も、当時の経験が土台になっている。かわいい動物も野生の本能が現れれば、人を襲う。動物にケガを負わされたこともあったが、それはすべて「野生に踏み込んだ自分のせい」。動物の生態や命の大切さを間近で学んだ、内容の濃い充実した24年間だった。

 ○…仕事柄、常に頭の中では動物のことを考えてしまう。スーパーに行けば、食材が動物の餌に見えるし、ハンカチやネクタイは動物の柄。趣味の山歩きも結局は生物調査になることも。「動物は生きていく上で、欠かせないパートナー。もし動物がいなかったら絶対に生きていけないよ。そやろ?」動物への思いが、表情や言葉の一つ一つから伝わってくる。動物を愛し、研究するのは、ただ単に「動物が好き」。それだけだ。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク