鎌倉版 掲載号:2011年9月30日号
  • googleplus
  • LINE

10月から始動する湘南童謡楽会の代表 宮崎 隆典さん 笛田在住 67歳

音楽も農業も研究から

 ○…鎌倉と藤沢を中心とした、「湘南童謡楽会」が10月から始動する。会員全員で童謡を歌う定例会を毎月開催する。湘南地域に避難している被災者の無料招待を行う予定で「童謡で癒しを感じてもらえれば」と話す。

 ○…熊本県出身。早稲田大学進学とともに上京し、文章を書くのが好きなことから読売新聞社に就職。婦人部に配属され、食と農について取材活動をし、記事を書いた。その後、「生涯一記者として現場でペンを持ちたい」とデスクのポストを蹴り、フリーライターに転身。農業関係のコラムを雑誌に寄稿したり、アメリカの農業について書いた「環太平洋米戦争」など著作を出版している。

 ○…2003年、NHKの永六輔さんの番組「人はなぜ歌うか」に感銘を受けた。「『人は元々、歌うことで気持ちを伝えていた』という話にはっとした」とし、妻と、音楽好きの知人合わせて4人で研究会を結成。これが童謡楽会の原型となる。わらべ歌などを中心に研究を行った。そんな折、地域の童謡のコンサートに足を運ぶ。「昔、母と『早春賦』を歌ったのを思い出し、ぐっとくるものがあった。感動した」とし、「童謡の素晴らしさを広めたい」と決意。5年前から定例会の構想を練りはじめ「コンサートよりももっと気軽に地域の人が童謡に触れ合える機会を」と開催にむけて始動した。「多くの人と一緒に歌って楽しみたい」と意気込みを語る。

 ○…現在は妻と2人暮らし。「故郷が山の中だったから、海に強い憧れがあった」とし、鎌倉には約30年前に越してきた。七里ガ浜海岸にはよく散歩に出掛ける。「天草とかが採れるので食卓が華やぐ」と話す。また、長年農業の研究と取材を行うなか「自分もやってみないと判らない」と感じ、茨城県で農地を借りた。最近では週末、農作業に出掛けるのが日々の楽しみ。「ミイラ取りがミイラになってしまった」と笑った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク