鎌倉版 掲載号:2012年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉まつりで4月8日(日)に行われる「静の舞」を踊る日本舞踊西川流の名取 西川 翠花さん 大船在勤 48歳

”舞”は人生の一部

 ○…4月8日(日)から15日(日)まで恒例の「鎌倉まつり」が今年も開催される。毎回初日に鶴岡八幡宮の舞殿で行われる「静の舞」は、源義経の妾・静御前が踊ったとされる日本舞踊の一曲。昨年、初めて踊り手を任されたが震災の影響で中止になり、特例で今年も踊り手に選ばれた。「まさか踊る機会を頂けるとは。夢みたいな気持ち」と笑みを見せた。

 ○…東京都出身で日本舞踊を習い始めたのは4歳のころ。近所にあった西川流の教室では「初めはしぶしぶ通っていて、雨が降っているとか言い訳して休んでは先生に怒られた」と苦笑い。だが、小学校高学年になると日舞が生活の一部に感じられるように。「理由はないけど子どもながらに『私はずっと続けていく』という確信を持っていた」と話す。中学生の時に国語の課題で出された本で「静の舞」と出会った。「古典の中に踊りの華やかな描写が出てきて驚いたことを覚えている。この時から静の舞は憧れの存在」と微笑んだ。

 ○…日舞を続けるために高校卒業後は就職。そして25歳で結婚し、出産をきっかけにやめてしまった。2回の離婚を経て、2人の子育てと仕事に奔走するうちに「生きがいが欲しい」と思うように。そこで一番に浮かんだのは日舞だった。「静の舞をいつか踊れれば」と鎌倉で日舞の教室を探し、10年前より西川翠扇先生に師事。かねてより静の舞への憧れを先生に語っていたところ、昨年、舞殿に立つチャンスが訪れた。「夢が叶って本当にうれしい。大舞台に立つことに凛とした気持ちにも」と内定の感想を話した。「次は、師範を目指して頑張りたい」と抱負を語る。

 ○…現在和装品店に勤め、海釣りに出掛けるのを日々の楽しみにしているが、大舞台を前にケガをしないよう半年前から控えている。4年前に結婚した最愛の夫は現在青森で単身赴任中。「主人のいない淋しさを、静御前に投影して踊ります」とはにかんだ。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク