鎌倉版 掲載号:2012年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

7月16日に50周年を迎える県立フラワーセンター大船植物園の園長を務める 坂本 英介さん 平塚市在住 58歳

雑学で植物も楽しむ

 ○…県立フラワーセンター大船植物園の園長に就任して1年とちょっと。「まだまだ覚えなきゃならないことがいっぱい」と話すも、毎月2回ずつ実施している自身の案内による「植物園花さんぽ」は、花にまつわる雑学を織り交ぜた独特の内容が評判を呼び、多い時で参加者100人を超える人気企画に。「花を愛でるだけでなく、好奇心をくすぐられる場所にしたくて」とはにかんだ。

 ○…東京都世田谷区の出身。「昔は今と違って緑や畑も多く、よく農道で虫を捕ったりして遊んでいた」と当時を振り返る。幼いころから虫や植物が好きで、高校時代は生物部に所属。何でも調べてみるのが好きで、「広く浅く手を出したから虫の専門家とは言えないかな」と苦笑い。東京農工大に進学後は昆虫生化学を専攻。「英語がしゃべれたらかっこ良いな」と英語サークルに所属したり、落語が好きで落語研究会に出入りしたりと、好奇心の赴くままに青春を謳歌した。

 ○…大学卒業後は農業関係の研究職を目指し神奈川県農政部の職員に。「ムシ(虫)とウシ(牛)は読みが似ているから、と最初の配属が牛関係になった時は少しまいった」と話す。その後も異動を経て農作物などの研究を行い、昨年5月までは農業技術センター北相地区事務所の所長を務め、茶葉に関わる業務を行っていた。同園配属後、担当となった「花さんぽ」では、「園芸技術は他の職員に敵わないから」と花にまつわる雑学を披露。「落語の芝浜では雪の音と笹の葉音を間違えるのだけど、現代は笹の音ってなかなか聞こえない。昔は本当に静かだったことが分かりますよね」と目を輝かせた。

 ○…30歳で結婚し、平塚へ。息子は独立し、現在は娘と3人暮らし。休日は妻と植物園など自然散策に行くのを楽しみにしている。「先日も一緒に蛍狩りに出かけたのだけど、蛙の鳴き声が予想外に大きくてびっくりした」と笑った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク