鎌倉版 掲載号:2013年10月18日号 エリアトップへ

「第3回四季を感じる鎌倉料理コンテスト」プロ部門で最優秀賞を受賞した 齋藤 かおりさん 極楽寺在住 43歳

掲載号:2013年10月18日号

  • LINE
  • hatena

料理の可能性に挑む

 ○…しらすやアカモク、鎌倉野菜といった地元の山海の幸を、色鮮やかな巻き寿司に仕上げた「カマクラロール」で、「鎌倉料理コンテスト」(鎌倉商工会議所主催)プロ部門の最優秀賞を獲得した。受賞を聞いた瞬間は「まさか自分が、と本当にびっくりしました」と素直な驚きを口にする。

 ○…実は8月に自らの店をオープンさせたばかりで、プロの料理人としてのキャリアは2カ月あまり。コンテストを知ったのも、開店の相談に訪れた商工会議所でたまたまパンフレットを目にしたのがきっかけだった。この時点で締切まで2週間ほどしかなかったが「鎌倉の食材を勉強するいい機会」と応募を決意。最後の数日はほぼ徹夜でレシピを作り上げた。円覚寺で行われた最終審査では実際に調理も。「緊張で手が震えて、うまくトッピングできなかったり、反省点ばかりです」。それだけにうれしい「まさか」となった。

 ○…美大を卒業後、大手精密機器メーカーで時計のデザイナーとして活躍。パッケージやディスプレイまでトータルに手がけ「仕事は本当に充実していました」と言う。一方で「自らの手で作ったものをお客様に直接提供したいとずっと思っていました」。もともと食べることも料理を作ることも大好き。ついに19年勤めた会社を退職し、料理の世界に飛び込むことを決めた。極楽寺で見つけた中古住宅を改装し、和食をベースとした創作料理の店「かお鎌倉極楽寺」をオープン。完全予約制で器や盛り付け、店内空間にまでこだわった料理を提供している。

 ○…新たなステージへの挑戦は「今も不安ばかりです」と言う。そんな気持ちを奮い立たせてくれるのは、やはり目の前にある笑顔。「ある時、『美味しいね』といってお客様が拍手までしてくれたんです。うれしくて涙が出そうになりました」と微笑む。その瞬間を追い求めるため、料理という「完成のない世界」での試行錯誤は続く。

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

横村 出(いずる)さん

「放下(ほうげ)小説佐橋ノ荘」を上梓した

横村 出(いずる)さん

由比ガ浜在住 59歳

9月24日号

北川 幸子(ゆきこ)さん

私設スペース「衣笠駅徒歩1分図書館」を運営する

北川 幸子(ゆきこ)さん

大町在住

9月17日号

山田 美奈都さん

大船のコワーキングスペース「はじまる学び場。」を運営する

山田 美奈都さん

37歳

9月10日号

古市 泰宏さん

メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの基礎構造を発見した

古市 泰宏さん

寺分在住 80歳

9月3日号

岩城 徳郁(のりふみ)さん

鎌倉税務署長に就任した

岩城 徳郁(のりふみ)さん

60歳

8月27日号

飯笹 信和さん

鎌倉彫会館の館長に就任した

飯笹 信和さん

大町在住 56歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook