鎌倉版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

3月3日に鎌倉でリサイタルを開くオーボエ奏者 荒井 豪さん 雪ノ下出身 25歳

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

古楽器の魅力伝えたい

 ○…「初めて見た瞬間に形がかっこ良くてこれだ、と思った。それからずっと、オーボエの虜ですね」。現在は留学先のドイツ・ブレーメンで一流の音楽家を目指し練習に明け暮れる。長期休暇を利用し帰国中で、3月には地元・鎌倉でバイオリンとのリサイタルを開催する。「バロック時代の曲を当時使用していたものと同じ構造の古楽器で演奏する。一味違う音楽を楽しんでもらえれば」と爽やかな表情で語る。

 ○…富山県で生まれ小学生で茅ヶ崎へ越し、中学にあがるころ鎌倉へ。幼少期は野球なども経験したが「音楽をやりたい」と吹奏楽部に入部、オーボエを始めた。当時の御成中学校は東関東大会で金賞を取るなど吹奏楽の強豪。周囲のレベルも高く「とても刺激的だった」とどんどん音楽の世界にのめり込んだ。部長になった3年のとき「もっと上手くなりたい」と個人レッスンも開始。県立大船高校に進学後は音大入学を見据え、一層オーボエに集中するようになっていった。

 ○…桐朋学園大学3年時に副専攻で選択したのが古楽器だった。「はじめはちょっとやってみようと軽い気持ちだったけれど、同じオーボエなのに構造が簡素で扱いが難しく、その分表現の幅があることに気づいた。装飾も美しくて元々好んでいたバロック音楽との相性も良かった」という。卒業後はドイツに渡り、古楽器演奏をものにしようと奮闘中だ。「古い時代に作られた音楽は当時と同じ構造の楽器で演奏すると深みが出るし、現代曲は逆にモダン楽器の方が合う。もっと音楽に寄り添った表現をしていきたい」。

 ○…留学先のドイツでは礼拝の生演奏に参加している。「憧れの教会音楽に生で触れられて勉強になるし本当に楽しい」と笑う。「古楽器演奏は日本ではまだマイナーなジャンル。大学院を卒業したら日本で演奏活動をして多くの人に知ってもらいたい」。明るい表情で希望を語った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

亀山 和明さん

鎌倉の「海」を描き続ける画家

亀山 和明さん

七里ガ浜在住 59歳

10月9日号

渡邊 令恵(ふみえ)さん

競技かるた「永世クイーン」で鎌倉山かるた会を主宰する

渡邊 令恵(ふみえ)さん

笛田在住 56歳

10月2日号

村岡 俊也さん

『新橋パラダイス 駅前名物ビル残日録』を出版した

村岡 俊也さん

二階堂在住 42歳

9月25日号

藤井 まりさん

精進料理塾「禅味会」を主宰し、国内外でその魅力を伝える

藤井 まりさん

稲村ガ崎在住 73歳

9月18日号

鴻巣 龍太郎さん

9月3日付で大船警察署長に就任した

鴻巣 龍太郎さん

大船在住 58歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク